8/31(金)PATO FU(パト・フ)神楽坂・毘沙門お座敷ライヴ予約受付中です 

0
    昨日はすさまじい猛暑でしたね。いま大洋レコードでは来週にせまったPATO FU (パト・フ)の3公演のフライヤー配りなど告知に精を出しています。

    (写真は今回来日するフェルナンダ・タカイ(vo) & ジョン・ウリョア (g) )
    パト・フは90年代から活動するブラジル・ミナス出身のポップ/ロックのバンドで、ちょっとヒネリの効いた楽曲やパフォーマンスと日系三世のフロント女性フェルナンダ・タカイの唄声・存在自体の輝かしさでもの凄い人気を誇るグループです。前々作はブラジルだけで15万枚、世界最大のロック・フェスと謳われるRock In Rioへの参戦、ポルトガルやUKなどワールド・ツアーも行なっています。エレクトロ仕掛けのパワーポップをはじめ、トロピカリズモ(60sブラジルのフラワー・ムーヴメント)の代表格ムタンチスのカヴァーや日本語歌詞の曲(made in japan)があったりと常にオルタネイティヴな姿勢で、ポピュラリティを失わない表現は世界をトリコに。
     今月のミュージック・マガジン特集が私の世代を直撃した「渋谷系」特集だったのですが、パト・フもかつては「ブラジルの渋谷系」なんて称されたこともあったようです。炸裂したダイナミズムがあっても、どこかセンシブルで知性を感じさせるその音楽性がそう云わせたのでしょう。2000年頃のバイオにはフェイヴァリットに”ピチカート・ファイヴ”の名が見受けられます。だからこそ日本ではブラジル音楽好きのみならず全てのポップ好きな皆さんに目撃いただきたいアーチストのパフォーマンスです。新譜ではヴィンテージ・シンセや小物を多用、より練り上げられたアレンジによって独特のムードがより極まっています。アクースティック編成で"Vagalume"などの曲を聴けたらそれこそ夢うつつです。新譜収録スージー&ザ・バンシーズのカヴァーは果たしてやるのか?など愉しみは尽きません。
     8月31日(金)Pato Fu 神楽坂・毘沙門お座敷ライヴ
    神楽坂毘沙門天善国寺・書院
    18:30 open / 19:00 start / entrance : ¥2,000 without drink
    vo,g : フェルナンダ・タカイ / g : ジョン・ウリョア
    / DJ : 成田佳洋(Samba-Nova)
    <ご予約・お問合わせ:大洋レコード 03(3235)8825 >
     
    毘沙門さまの書院はよく”和”の催しが行なわれる場所です。立川志らく師匠の寄席や芸者さんたちの小唄などなど。

    ブラジル・トップクラスのポップ・アイコンと”お座敷”文化の融合、これを見逃す手はありません。お席(座布団)の数に限りがございますのでお早めのご予約をお待ちしております。









    Pato Fu来日!

    0
      大ニュースです。

      先ほどになって入荷、夏休みまで残り1時間切りました!

      0
        江東区まで50cc三輪で取りに行き、無事入手してきた新譜、再入荷、書き出します。

        仏・Mon Cote Punk (伝説のラ・リュー・ケタヌー、メンバーの始めた新バンド1st。ダルブッカやウードまで用いたエスノでパンクなグルーヴ!)
        Les Tisanne Sauvauges (女性ヴォーカルで喜劇的スペクタクルを見せるトゥールーズのルーツ・バンド)

        伯・ Mula Manca & Fablosa Figura (ペルナンブーコのサンバ編成新感覚のバンド、オルタナティヴな姿勢が魅力の一押し。嬉しい再入荷 !!)
        Fabio Goes (再入荷)(サンパウロ・ポスト・ロック系のS.S.W.。シティ・オブ・ゴッドのOSTに楽曲を提供していたアーチスト。)
          Lupa Mabuze / D-bem (サンバ・ソウル噂の良盤。より確かにお求めになれるように!)
          Olivia & Frank Krischman / Full bloom (ボサノヴァ・シンガーとカントリー・フォーク系ギタリストのデュオ。瑞々しい!詳細後日)
          T.Kacula & Renato Dias / Samba Rural Urbano (ヒップホップとサンバの融合などをも試みる新時代サンバの寵児ヘナート・ヂアスたちが真剣にルーツ・サンバ、ホーダ・ヂ・サンバ のスタイルに取り組んだ1枚。女性サンビスタ-ファビアナ・コッツァ、クルビ・ド・バランソのマルコ・マットーリ参加!後日詳細)


        と書いてる間にあと20分となってしまいました。。。
        皆さん良い夏を!まずは明日11日Samba-Nova en 逗子でお会いしましょう


        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて


        [商品掲載案内]

        ミュージック・マガジン3月号(2月20日発売)のアルバム・ピックアップにENSAMBLE CHANCHO A CUERDA / POSDATA (TAIYO0035 限定国内盤) が掲載されます。


        [国内盤リリースのご案内]


        ENSAMBLE CHANCHO A CUERDA / POSDATA (TAIYO0035 2018.12.22 release 限定盤) 好評発売中!


        FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        販売中!


        [記事掲載のご案内]


        体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

        「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



        女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


        5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1643 最後に更新した日:2019/02/21

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM