PATO FU / Daqui Pro Futuro(此処から未来へ)リリース記念スペシャル・ライヴ・ツアー 大成功!ありがとうございました

0


    PATO FU初の日本公演、すべて大盛況のうちに終えることができました!!フェルナンダさん、ジョンさん、素晴らしいの一言に尽きる楽しいパフォーマンスを繰り広げてくれました。思えば懇意にしていただいてるサンパウロのディストリビューターから「Do you know Pato Fu ?」で始まるメールを頂戴したのが8月に入ってから、ABEST / APEXさん主催のBRASIL FASHION NOWで来日のスケジュールが確定したのが8月10日。ブラジルからPATO FUの新譜が届いたのが8月20日頃。その間に"MUSICA DE BOLSO"というブラジルのwebサイトで新譜から"Mama Papa""Vagalume"と二曲のアクースティック・セッション映像を発見、全編に流れる朗らかな雰囲気、そして曲の美しさに「これは凄い!」とライヴ・ショーの実現に向け各方面に連絡をとり。。。

    以下すべての写真は三田村亮さん

    ラジオ収録を調整してくださった中原仁さん、インストア・イベントを快く引き受けてくれたTower Records渋谷店の相原さん&皆さん、Samba-Nova仲間のプロフェッショナルなMC- KTa☆brasil、暖かいもてなしをしてくれたBar Blen Blen Blenのゴゥさん、そして毘沙門天善国寺のご住職一家(何とお客さんとして観にきてくれました!)、DJ Narita、PA Inabaをはじめ機材搬入、搬出まで手伝ってくれたSamba-Nova仲間、カメラの三田村さん、常連の岩崎さん、売店まで手伝ってくれたKLB、実家から車を届けてくれた母上...二つ返事で快く引き受けてくださり、開催へ向けて心待ちにしていてくださった鎌倉 Cafe Vivement Dimancheの堀内さん夫妻、Claro佐々木さんを始め手際の良いスタッフの方々、インタヴュー収録していただいたLatinaの皆さん、面白い質問を連発した中南米マガジンの金安さん、来日の模様をTV放映して下さったIPC WORLDの皆さん、全日程に駆けつけていただき精力的に告知していただいたWillieさんやポケブラスの谷口さん、以前よりパト・フと親交の深いエヂソンさん、書ききれない程の皆さん。何より急な情報をいち早く嗅ぎ付け各会場に足を運んでいただいた高感度な皆さん、ほんとうにありがとうございました!



    初対面時に私の「"Vagalume"やって下さい」リクエストにも「Let's try it !」と笑顔で受ける余裕のプロ精神。そして当初は曲数もインストアでは3曲、ショーでは7曲というお話だったにも関わらず、インストアでは集まった皆さんの反応をみて急遽「有名なレパートリーもやりましょう!」とEUなど計5曲。神楽坂、鎌倉のそれぞれのショーでは13曲と沢山の素敵な曲の数々、パペットのポチをも参加させて暖かいショーを披露、存分にパト・フの愛らしき世界を魅せてくれたフェルナンダさん、ジョンさんのお二人に大きな拍手を!!!



    コンサートを観そびれた皆様、何とJ-WAVE [ Saude Saudade ] 9/9 (sun)17:00- 放送分にてPATO FUからお二人のインタヴュー、スタジオ生ライヴの模様が放送される予定です。要チェック!
    来年はフルメンバーの5人で還って来るというPATO FU、楽しみです!



    当日、どれも楽屋で即決められた演奏曲目は以下の通り
    (直筆セットリストは大洋レコードに展示予定です)

    2007/8/31 (fri) PATO FU 神楽坂毘沙門お座敷ライヴ
    1. EU (=私 Televisao de Cachorro, MTV Ao Vivo )
    2. NADA ORIGINAL (新譜Daqui Pro Futuro)
    3. MAMA PAPA (新譜Daqui Pro Futuro) 
    4. PERDENDO DENTES (Isopor, MTV Ao Vivo)
    5. VAGALUME (新譜Daqui Pro Futuro)
    6. VIVO NUM MORRO (Ruido Rosa, MTV Ao Vivo)
    7. DEPOIS (Isopor, MTV Ao Vivo)
    8. 30,000 PES (=前回のプライベート来日でブラジルへ帰る道中作られたとのこと 新譜Daqui Pro Futuro)
    9. DEBAIXO DOS CARACOIS DOS SEUS CABELOS (Roberto Carlos / Erasmo Carlos、ナラ・レオンのレパートリー 今秋~冬発売予定のアルバムより)
    10. SOBLE O TEMPO (Gol de Quem? , MTV Ao Vivo)
    11. MADE IN JAPAN (Isopor, MTV Ao Vivo)

    Encole 1
    12. CANCAO PRA VOCE VIVER MAIS (Televisao de Cachorro, MTV Ao Vivo)

    Encole 2
    13. MUSICA DO SECRETANIA (パト・フのセルタネージャ)

    EU, MAMA PAPA, SOBLE~, CANCAO~など人気曲では観衆から合唱が起きるあたり、ブラジルのアーチストならではでした。場所的に初の”洋楽”ということもあり、コンセプトとしても日本びいきのアーチストがお座敷でライヴというのが非常に興味深い光景でした。



    そして翌日、鎌倉までの道中に横浜x巨人戦をラジオで聴かせるという暴挙にも笑って許してくれたお二人、そして補助シートで我慢してくれた弟君のハファエルさん、エリーザさん。鎌倉の大仏ではブラジルのweb 配信用(ロス・エルマーノスのホドリゴ・アマランチとコラボレイトするそう!)にビデオ撮影をおこなったりとここでもプロ精神を忘れていません。凄いですね。

    さて、土曜日はスムースに予定より早く着けたので、念入りに頭でしっかり組み立ててからサウンドチェックを行うことができました。渋谷で撮影されたToda Cura DVDの隠しトラックなどを交えたWillieさんによるトークショー、そして本編。今回の3公演では「イトーさん, ナウ !」と叫ぶのがギター交換の合図となっていたりもしました。

    2007/09/01 (sat) PATO FU @ cafe vivement dimanche
    1. 30,000PES (新譜Daqui Pro Futuro)
    2. EU (Televisao de Cachorro, MTV Ao Vivo )
    3. NADA ORIGINAL (新譜Daqui Pro Futuro)
    4. MAMA PAPA (新譜Daqui Pro Futuro)
    5. PERDENDO DENTES (Isopor, MTV Ao Vivo)
    6. DEBAIXO DOS CARACOIS DOS SEUS CABELOS (ナラ・レオンのレパートリー)
    7. CANCAO PRA VOCE VIVER MAIS (Televisao de Cachorro, MTV Ao Vivo)
    8. VIVO NUM MORRO (Ruido Rosa, MTV Ao Vivo ジャジーな曲、スウィング・ガールズのdvdは面白かったとのこと)
    9. VAGALUME (新譜Daqui Pro Futuro、火垂るの墓にインスパイアされたとのこと)
    10. DEPOIS (Isopor, MTV Ao Vivo)
    11. MADE IN JAPAN (Isopor, MTV Ao Vivo)

    Encole
    12. SOBRE O TEMPO (Gol de Quem? , MTV Ao Vivo)
    13. MUSICA DO SECRETANIA (パト・フのセルタネージャ)

    Nada Original, 大合唱の起きたPERDENDO~やSOBRE~などで数度涙腺が緩みました。昔何かで読みましたが「本当に良い曲はギター一本でやっても良い曲に違いない」ということを確信するにいたりました。彼らの出身地ミナス州にはメランコリックな旋律が代々息づいてますが、そんな土地の良い部分が凝縮されているのですね。そしてスターに違いないのに何と気さくなお人柄!今度はフジロックのステージでエモーショナルなフル・バンドのパト・フを是非見たい!です。そして堀内さんのブログにもありましたが、日頃からブラジル音楽に親しんでいる人や日本で暮らすブラジルの方々だけでなく、パト・フの音に初めて触れるポップ好きな人たちにも公平に見てもらうことが出来た事、これが何より喜ばしく思います。それだけのプライオリティを持って居るバンドです、パト・フ。



    パト・フのお二人、そしてご来場、ご協力いただいた皆さん、かさねがさね本当にありがとうございました!

    ツアー・ゴーズ・オン! GO PATO ( Fu ) !

    0
      TOWER RECORDS 渋谷店にて行われたPATO FU インストア・イベント ミニ・ライヴ&トークショーへお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!!!
      おかげさまでTOWER RECORDS渋谷店のPATO FU新譜”DAQUI PRO FUTURO" 在庫がSOLD OUT!!!
      大盛況に終わりました。すぐにCDの在庫は補充いたしますのでご安心ください。トークショーも和やかに盛り上がり、フェルナンダさん&ジョンさんがその場で決めた演奏レパートリーはお集りいただいたインテールナシオナルな皆さんへの心からのプレゼンチで予定を上回る5曲!!!どれもハッピーにスウィンギしてました!
      最後のEUではその場の皆が大合唱。
      PV SHOW - GO PATO (Made in Japan のスペシャル・エディション DVD)
      TALK SHOW - FERNANDA TAKAI, JOHN ULHOA, KTa☆brasil, ファニーさん
      MINI LIVE -
      1. 30,000pes
      2. Mama Papa
      3. Vagalume (ここまでDaqui Pro Futuroより)
      4. Vivo Num Morro (MTV Ao Vivo, Televisao de Cachorro)
      5. EU (MTV Ao Vivo, Ruido Rosa)

      当日の模様は改めて後日に。スカパーのIPC WORLDチャンネルNewsなどでも放映される予定です。本人達いわくパト・フーのアクースチコは非常にレアだそうで、ブラジルでも殆どやらないそうです。いつもは5人のラウドな編成ですが、やはりミネイロ(ブラジル、ミナス・ジェライス州出身)だからか、メロディが凄く感受性豊かで胸にきます。そして空気を一変させるように存在感のある声、英雑誌に”ベスト・ギタリスト TOP 〜”で取り上げられるほどソリッドなギター。本当に、是非に、今回のPATO FU KONNICHIWA ! TOUR 2007、ひと目観られることをおすすめします。
      明日(今日)は何と”和”なロケーションでのライヴです。曲ももっと増える予定ですのでどんなレパートリーになるのか、乞うご期待!
      31日(金)神楽坂毘沙門天善国寺書院、18:30open 19:00start
      「PATO FU 毘沙門お座敷ライヴ」
      フェルナンダ・タカイ(vo, casio, pochi)、 ジョン・ウリョア(g, cho) 
      DJ : 成田佳洋(Samba-Nova)
      お待ち申し上げております!
      問・大洋レコード 03 (3235) 8825 (明日の店舗営業は16:30まで)

      そして明後日(土曜)の鎌倉、
      1日(土)「Pato Fu @ cafe vivement dimanche」 19:30-
      こちらは二部構成で一部にトーク&PV、二部がライヴという濃密なツアー・ファイナル!
      まもなく定員に達する模様ですのでお問い合わせはお早めにどうぞ。
      ご予約・お問合わせ:cafe vivement dimanche 0467(23)9952

      では神楽坂、鎌倉でお会いしましょう!

      いよいよ木金土は日本でPATO FU acoustico ao vivo!

      0

        昨日は、はじめての表参道ヒルズ、はじめてのファッション・ショー、「BRASIL FASHION SHOW」に行って参りました。ブラジルの鮮やかな鳥たちを思わせるようなヴィヴィッドな”原色使い”が眩くて、興隆するブラジル・アパレル界の漲るパワーを観た気がしました。
        そして後半に登場ホナウド・フラーガのショー(音楽/ナラ・レオンがテーマ)において、PATO FUのフェルナンダ・タカイさんがナラ・レオンのレパートリーをメドレーで唄ってくれました。あの柔らかくも存在感のある声で!


        その後は主催のAPEXさんがご用意いただいたアサイー+シャンパン=梅酎の味などをご相伴に与りました。

        ますます待ちきれなくなって来ました。もうすぐですよ!
        PATO FU / DAQUI PRO FUTURO -此処から未来へ- リリース記念・来日スペシャル・ライヴ
        (別名 PATO FU KONNICHIWA ! tour 2007 )

        8/30 (木) TOWER RECORDS 渋谷店5F 20:00-
        8/31 (金) PATO FU 神楽坂毘沙門お座敷ライヴ 18:30open 19:00start
        9/1 (土) PATO FU @ 鎌倉 cafe vivement dimanche 19:30-

        皆様のお越しをお待ちしております!!
        問・大洋レコード 03-3235-8825 11:00~20:00

        尚、大洋レコード店舗の営業が変則スケジュールとなっておりまして
        明日の30日はイベント設営のため18:30までの営業、
        31日は16:30までの営業、1日はお休みとさせていただきます。
        それぞれの会場でお会いしましょう!
        ご了承のほどよろしくお願いします。


        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



        [イベントのお知らせ]


        2018/8/5 Sun. 午後一時「大洋レコード13周年記念パーティー」テラスで音楽とワインとカレーの会を催します。Unplugged GIGs : 瀬戸信行(cl)・大久保かおり(bdn) dúo / ryosuke itoh e shiho (vo,g & flute) 協力:ひのや(酒類卸) / トザワシュンジ(インドカレー)



        [国内盤リリースのご案内]


        FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        販売中!


        [記事掲載のご案内]


        体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

        「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



        女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


        5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1574 最後に更新した日:2018/07/20

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM