カラーミーショップのカード情報流出の報道につきまして + 再入荷案内+ サンパウロの文学博士によるマイルドなジャズvo

0

    *今朝飛び込んで来たニュースに、当社web通販で利用しているGMOグループのカラーミーショップから、オンライン・ショップ運営者ならびに顧客のカード情報が流出したとの報道がありました。[GMOペパボ(株) プレスリリースはこちら→](有)大洋レコードではクレジットカードの決済システム自体を、運送会社クロネコヤマトの運営するクロネコ・ペイメントに完全委託しており、今回の情報漏洩につきましてはお客様にご迷惑が掛かることはございませんので、web通販につきましても、引き続きご安心してご利用いただければと願っております。

     

    *一両日中にでも次期制作物の発表を行えればと思っております。サンパウロの花香るパワフルなあの女(ひと)です。

     

    *昨日サンパウロから仕入れ貨物の到着がありました。ローリング・ストーン誌ブラジル版の選ぶ2017ベスト・ディスク、2位に輝いたチン・ベルナルデス(オ・テルノ) - のソロ作をはじめ、下記の商品が再入荷となりました。

    [再入荷]

    TIM BERNARDES / RECOMEÇAR

    NINA BECKER / ACRÍLICO 

    BENJAMIM TAUBKIN, ITAMAR DOARI, e JOÃO TAUBKIN / O PEQUENO MILAGRE DE CADA DIA 

    VENTO EM MADEIRA / ARRAIAL

    MESTRINHO / OPINIÃO

    EMILIANO CASTRO / KANIMAMBO

     

    *[新入荷] サンパウロの文学博士によるマイルドなジャズvoと異色のレパートリー、上質なアンサンブル

    MARCELO TÁPIA / ATEMPO (ブラジル直輸入盤CD 2,000円+税)

    熟成されたモルト・ウイスキーのような燻したまろやかさと、開いた本から飛び込んでくる活字のごとき弁者の口跡。'54年サンパウロはチエテーの生まれで、短歌や俳諧の本から、アイルランドの作家に関する考察まで数多くの著書を出版、ブラジル文学界にてその名をよく知られるマルセロ・タピアの音楽家として初となるまとまった作品が本アルバム。前世紀前半に活躍した弁護士/詩人ギリェルミ・ヂ・アルメイダの詩作とヴィラ=ロボス作曲のm-2 "Desejo"のエキセントリックな編曲、18世紀の詩人シルヴァ・アルヴァレンガの詩にマルセロ・タピアが節をつけたもの(m-4"O Amante Satisfeiro")、ベートーベンのピアノ・ソナタ"悲愴"にマルセロ・タピアが歌詞を載せたm-7"Pérola"、m-5"Wild is the wind"やm-8"Sugar in my bowl"などニーナ・シモンのレパートリー、そしてノエル・ホーザやアドニラン・バルボーザといったサンビスタの作品、そしてマルセロの兄弟でしょうか、ギター/クラリネット奏者でヒカルド・ヘルスらの作品をプロデュースもしているダニエル・タピアとの共作も。これらを洗練されたジャズ・アレンジの優美さで聴かせるのが、前述のダニエル(g)に、若手ピアノ奏者として頭角を表すエルクリス・ゴメス(p)や、ピアノとのデュオ作で驚かされたマルコス・パイーヴァ(contrabass)、ヂエゴ・リスボア(sax,flute)、ハモン・モンタンニェル(drs) らコンテンポラリーなブラジリアン・ジャズで活躍する演奏陣。制作に3年を掛けた、リリシズム溢れる不朽の一枚。

     

    試聴動画を探しましたが、TVに文化施設のキュレイターとして出演していたり、朗読会のものしか見つかりませんでした。アップされ次第、商品ページの方でアップデイトしていきます。

    以下に30秒ずつ聴けるサイトのリンクを添付します。[リンク先、各トラック・バナー右端の↓ボタンは押さないでください。安全は保証しかねますので。]

     

    試聴サイトはこちら→


    AIWA 復活!CDラジカセの扱いを再開しました。

    0

      *1/21は第三日曜日で店休日となります。

       

      当店では炊飯器型CDラジオが完売してからというもの、2年余りに渡って音楽を聴くためのハード・ウェアは取り扱う機会に恵まれませんでしたが、日々虎視眈々と家電・AV系のメディアに目を光らせていました。"欲しくなるような"ハードの発展なしに、CDの復権はないと常日頃から持論を展開しておりましたので、私としてはこの昨年に飛び込んできたニュースに喜び勇んだのは言うまでもありません。

       

       

      "アイワ"復活のニュースが飛び込んできたのは昨年のことでした。'75年早生まれの私が中学生〜高校生の頃、俗に言うバブル・ラジカセなる大型のCDラジカセやミニ・コンポ、ポータブル・カセット・プレイヤーに携帯ラジオまで、家電量販店の店頭にはアイワの製品が並び、そのうちのいくつかは愛用していたこともありました。そんな一流メーカーの名前をいつしか見なくなり、ソニーに吸収されたみたいな話も耳にしたりして久しいですが、OEM生産などを手がけてきた十和田オーディオがアイワの権利を取得、元アイワのエンジニアたちも参画した新法人を都内に設立し、製品開発を行なっていくとあるではないですか。

       

      今回取り扱いを開始するのは、新生アイワのCDラジカセCSD-M20。昔話で恐縮ですが、こち亀で読んだ遠い記憶に、ラジオとカセットというだけでなく、テレビやアイロンやドライヤーもくっ付けてしまえという面白い一編があったのを覚えています。この国における産業の歴史の中で、ラジオとカセット・デッキが一体化した製品"ラジカセ"を国産初で手がけたのは本日ご紹介するアイワ株式会社です。この度の製品では、優秀なメディア・フォーマットであるCDのリスニングはもちろん、FM/AMラジオとカセット・デッキも一体化。かつてBBEとして知られた重低音増幅スイッチも付いてます。当初プレス・リリースで発表されたものから、ボタンの日本語表記や色味の変更、老若男女を問わずお使いいただける仕様へと改良され2017年12月にデヴュー。PCのディスク・ドライブ非搭載からくるCDリスニング環境への渇望、話題のカセットテープ復権、語学学習用としても、近頃見直されるCDラジカセのお手軽な一台として、かつての名門ブランドからの本商品、いかがでしょうか。

      AIWA CSD-M20 (CDラジオカセットレコーダー 6,000円+税+送料)

      ホームパーティー、キャンプ、会議まで。

      カラオケも、BGM(CD/ラジオ)も、

      これ1台で楽しめる![メーカー資料より]

       

      なんとマイク入力のためのフォン端子x2 を装備でデュエットできてしまいます。マーケットでの実演販売にも。

      逆サイドにはヘッドホン出力(ステレオ・ミニ) x1 / 外部ライン入力(ステレオ・ミニ)x1 も装備

      西海岸の音楽好きを気取るのも可の図。本体をペイントやシールでデコレーションしても可愛いかも。

       

      型番 CSD-M20
      CD 再生可能ディスク CD、CD-R/RW(CD-DAフォーマット記録ディスク)
      再生 リピート:1曲/全曲/ランダム再生(プログラム再生は非対応)
      ラジオ AM/FM(ワイドFM対応)/プリセット:AM20局 / FM:30局/自動選曲対応
      カセット 推量テープ:ノーマルテープ(60分以下)/オートストップ(再生時のみ)機能
      スピーカー 9僉兵騨兀蚤臀侘1.5W)x2/重低音ボタン付き
      入出力端子 ヘッドホン(ステレオミニ)×1/マイク入力(φ6.3 モノラル)×2+マイクボリューム付き/
      外部入力(AUX)端子(ステレオミニ)×1
      電源 AC100V(50/60Hz)/ DC12V 単2形乾電池x8(電池別売)
      電池持続時間 CD再生:約8時間 /FM受信:約12時間/テープ再生:約10時間(アルカリ乾電池使用時)
      消費電力 15W ※JEITA規格による測定値
      付属品 電源コード(約1.5m)、取扱説明書、保証書
      本体 サイズ:幅305x高さ135x奥行245弌深僧面2.2圈粉ヅ澱售泙泙此

      アルゼンチン、ラ・プラタのギター2台によるインスト・デュオ

      0

        そういえば昨年末にいま巷で流行りの断捨離、もしくは身辺整理の第二弾というのを敢行しました。10月とクリスマスのイベントで、ヤマハのNCX1200Rという最新鋭のガット・ギターを使ってきたわけですが、どうも音が綺麗過ぎましてですね。ギターの何気ないストロークなどにもその人と也は如実に現れるわけですが、こんなに繊細で優しい音を自分ごとき粗野な人間が出していいのかとかねてより違和感を覚えていたわけです。もっとドロッとした音が好みなはずなのに、正反対のツールを用いていたわけですね。そこで、以前ギターとベースを売りに出して、こどもが使うエレピとグローブの代金を捻出できたことに味を占め、この新品で買ってまだ月日の浅いギターと、来日ミュージシャンに貸すだけの目的となってしまっていた鉄弦アコースティックを下取りに出し、中古で売られていたブラジル製のギターで多くのファンを持つディ・ジオルジオのアウトール・トレスという機種('02年製)へ買い換えられないかと。もう演奏する方の音楽に関しては自分のことだけ考えてもいいのでは、と思うに至ったわけです。新大久保に二度足を運びまして、年の瀬に幾ばくかを足して何とか納得のいくトレード・オフが成立しました。一度目は家族づれで行き、決めかねて七輪焼肉安安大久保店へと駆け込みましたが、都内の住宅事情も鑑み"必要なものだけ"身辺に置いておくという方向へ意識改革しなければならない、そんなフェーズが訪れています。しばしば来日ミュージシャンのツアーなどでお世話になっている名古屋のサンバタウンさんがかつて一手に仕入れていた名機、いずれにせよ、弾き込んでいくのが楽しみでもあります。

        今日は蔵出しの1タイトルを。

         

        数多くのコンテンポラリー・フォルクローレを輩出しているアルゼンチン、ブエノス・アイレス州のラ・プラタ市。2012年にラ・プラタ大学とアベジャネダ音楽学校で講師を務めるふたりのギター奏者/コンポーザー、フェデリコ・ベイリンソンとフアン・ガスコンによって結成されたのが、このデュオ・ベイリンソン・ガスコン。自らの音楽体験とフォルクローレの伝統、クラシカルな学術要素からポピュラー音楽まで、これらの架け橋となるべくすべて自分たちでコンポージングと編曲を行なうというコンセプトのもと制作された本作の12曲は、同時にスコアブックとしても別途出版されています。紡ぎだすアルペジオやパッセージが重なり合い、或いはチャマリータ、ミロンガ、ガトといったリズム様式を刻みながら、一方が奏でる対旋律の織りなす叙情的なハーモニーはとても新鮮。国外でもブラジル・サンパウロなどで、公演やワークショップも行なっています。聞き手にとってはギターという楽器の甘く奥深い音色や、クラシカルな奏法を基盤にした、情景やポピュラー音楽の表現方法というものに更なる可能性と魅力を見出だすことになるでしょう。

        BEILINSON GASCON / DIÁLOGO (アルゼンチン輸入盤CD 2,056円+税)



        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



        [イベントのお知らせ]


        大洋レコード主催のイベントは決まり次第お知らせします




        [国内盤リリースのご案内]


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0032 2018.3.15 release) ご予約受付中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        好評販売中!


        [記事掲載のご案内]

        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。2/12(月・祝)は連休最終日でお休みします。

        03-3235-8825

        スマホ版

        [広告]

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1514 最後に更新した日:2018/02/19

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM