ヨーロッパでもその洗練されたセンスが評判となった、ノーヴォス・コンポジトーレスのS.S.W. ダニロ・モライス。待望のスウィートな声とギターのライヴ盤

0

    *お客様の声に応えて、以下の商品が再入荷しました。

    ACA SECA TRIO ベスト

     

    *ヨーロッパでもその洗練されたセンスが評判となった、ノーヴォス・コンポジトーレスのS.S.W. ダニロ・モライス。待望のスウィートな声とギターのライヴ盤

    DANILO MORAES / OBRA FILHA - AO VIVO (ブラジル直輸入盤CD 2,185円+税)

    最初にブラジル本国でサブスクリプション・サービスをはじめ、デジタル配信の形でリリースされ、CD化が待ち望まれていたアルバムがこちら。ヒカルド・テテとのデュオ名義作などを携えてフランスでも活躍、その後サンパウロの新潮流、ダニ・グルジェルが主宰するノーヴォス・コンポジトーレスのシリーズ・コンサートやアルバム「Agora」にも参加、シンガーへの楽曲提供や先鋭的なプレイヤーとの共演と精力的な活動を行ってきた'79年生まれのS.S.W.ダニロ・モライス。まろやかな曲線を描く歌旋律に柔らかなハーモニー、フレッシュで小気味良いギターのバチーダ、ダニロの持ち味が遺憾なく発揮された本盤は、サンパウロのスタジオ - ファミリー・モブにお客さんを入れて暖かな雰囲気のもと収録。ナイロン弦のギター一本、時にはカイピーラ・ギターに持ち替えて自身の書き下ろしや過去の作品を弾き語りにて紡いでいくのですが、なんでしょうこの音楽的な高い完成度は。体育座りの姿勢でダニロの世界観に浸り、うっとり視線を送るお客さんの表情が目に浮かびます。アフロ・ジャズの女性シンガー、レンナ・バウリが参加したm-4"Virando amor ou já é"や、ジャクソン・ド・パンデイロとアルミラ・カスティーリョのデュオ作からm-10"Tililingo"のカヴァー、サンパウロの女性シンガー、セウの1stアルバム(2005年)に提供した楽曲のセルフ・カヴァーm-11"Mais um lamento"、エクスペリ・サンバ一派ホドリゴ・カンポスと共作したm-12"Na Volta do Pari"(「Danilo Moraes e Os Criados Mundos」に収録)など、歌とギターのシンプルな構成のなかメリハリの効いたレパートリー。新しい世代のブラジル音楽を聴いてみようという方にぜひお薦めしたい一枚。

     


    耳を惹くのはジョアナ・ケイロス(cl)、マリア・ベラルド・バストス(cl) のWクラリネット、クアルタベー2nd入荷しました

    0

      *明日の10日は水曜で定休日となります。

       

      *サンパウロから仕入れ貨物が到着しまして、大絶賛販売中のフーベルの追加入荷、そして以下の商品が再入荷となっています。

      QUARTABÊ / LIÇÃO#1 : MOACIR

      5 A SECO / SINTESE

      MARIA BERALDO / CAVALA

      HERCULES GOMES / NO TEMPO DA CHIQUINHA

      ALEXANDRE GROOVES / MULTI

      CAIXA CUBO / ENIGMA - A MUSICA DE GAROTO

      FABIO CARAMURU / ECOMUSICA : CONVERSAS DE UM PIANO COM A FAUNA BRASIL

      roberto leão, breno ruiz, mario gil, renato braz / mar aberto

      LEA FREIRE / CARTAS BRASILEIRA

       

      耳を惹くのはジョアナ・ケイロス(cl)、マリア・ベラルド・バストス(cl) のWクラリネット。モアシール・サントスのショーロを斬新異端の解釈で驚愕させられたコンテンポラリーなサンパウロの音楽ユニット - クアルタベー。戦隊もののコスチュームに身を包んだEPのデジタル配信を経て、注目が集まる中今度はバイーア産・潮の香りのするたおやかなサンバの作家、ブラジル音楽の父、ドリヴァル・カイミへのオマージュ。前述の管ふたりに、フェルナンダ・タカイのバックやTP4でも活動したマリア・ポルトガルのロックなドラムス、そして唯一の男性メンバー、シカォンのエキセントリックな鍵盤。前衛派の先駆者、アヒーゴ・バルナベーのバックに端を発し、ひらめきやユニークなアイディアに、技法というロジカルな成分を加えてブラジル音楽を新たにイノヴェイトしてゆく彼女たちの注目のフィジカル・リリース。

      QUARTABÊ / LIÇÃO #2 : DORIVAL (ブラジル直輸入盤工場製CDR/デジパック・エディション 1,907円+税)

      シンセの発振する波動と生楽器のコントラスト。神秘的なアンサンブルのあと顔を覗かせる名旋律。m-2"Morena do mar"、m-4"Sargaço"、m-5"Canto de nanã"、よく知られたドリヴァル・カイミの楽曲に前代未聞のアヴァンギャルドな解釈を。クアルタベーのコンセプトは「レッスン・パート2」と題された作品づくりでもわかるように、学びと実験。今回もいたるところに即興演奏や想像力のかけらをちりばめた驚きの作品となっています。

       

      商品と一緒に劇画コミック仕立ての創造過程を記した本を送ってくれました。一部しかないので非売品とさせていただきます。店頭にて展示しますのでご来店の際にご覧下さい。

       

       

       

       


      鳥たちが夜明けを告げる川辺のソロ・ピアノ、パブロ・フアレスのソロが国内盤で

      0

        *明日10/7 は第一日曜で店休、10/8 の月・祝日は臨時休業/小田原ももすけで「21世紀ブラジル音楽ガイド」の出版記念パーティーがあります。(14時より)

         

        *以下の作品、来週10/9(火)より販売する予定です。

        鳥たちが夜明けを告げる川辺のソロ・ピアノ、パブロ・フアレスのソロが国内盤で

        PABLO JUÁREZ / SOLO PIANO - EL AMANECER DE LOS PÁJAROS (hummock CD  2,400円+税)

        2011年自身の名義作「Sumergido」(現在入手困難)で見せた雄大な川の流れを思わせる流麗な室内楽アンサンブル。2015年S.S.W.フリアン・ベネガスの唄に寄り添うように編まれたデュオ名義作「Dos Causes」。そして姫路ハンモックカフェの中村信彦さん・真理子さんの想いによって実現した、ロサリオの音楽家によるソロ・ピアノ作。パラナ川流域の自然からインスパイアされたというコンポジションは、コンテンポラリー・フォルクローレの文脈に則りつつも、新しい世代の音楽を紡ぐものの価値観を感じさせるには十分、瑞々しく新鮮に響きます。水の雫や雨だれを思わせる鮮やかなピアノは、m-1"El Amanecer de los pájaros"やm-3"Vidala de agua"、m-7"Ventanas"など、いたるところにパブロ・フアレス節となって出現。手元において好きな時にじっくり味わうには最適な一枚です。

         

        『心動かされた一瞬への賛辞を込めた
        自然界の自由を翔けるソロ・ピアノ』

        アルゼンチン・ロサリオ出身ピアニスト / 作曲家 パブロ・フアレスによる初の日本盤のための全曲書下ろし新曲、スタジオ録音 『ソロ ピアノ - 鳥たちの夜明け』
         



        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



        [国内盤リリースのご案内]


        FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        販売中!


        [記事掲載のご案内]


        体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

        「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



        女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


        5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1616 最後に更新した日:2018/11/16

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM