春めいた女性ヴォーカルの少しセンチメントなインディー・フォーク+ 少年野球facebook

0

    *新元号が発表されまして、プロ野球も開幕、3月末決算の当社も新しいシーズンを迎えました。私事で恐縮なのですが、子供たちと私が参加する少年野球チーム「早稲田ジュニア」のfacebookページを立ち上げました。新宿区地域の皆様、学童野球にご興味のある方、ぜひ覗いてみてください。いいね!お待ちしております。

     

    さて、音楽の話題に戻ります。

    春めいた女性ヴォーカルの少しセンチメントなインディー・フォーク

    可憐な唄声をフォーキーなサウンドに載せるのは、アルゼンチン女性S.S.W.のカタリーナ・テレルマン。国立芸術大学で動きに音を付けるパフォーミング・アートの作曲を研究したのち、エドガルド・カルドーソのワークショップにも参加。文化プロジェクトの実行委員として働くだけでなく、ノラ・サルモリア率いるオルケストラ・ポプラール・デル・コンティでは歌手として起用。2014年から16年の間に書き貯められた歌たちを、自身でもソロ作を発表しているニコ・シマリ(b)らと共にクリアトーンのegや、折り重なる多重コーラス、スキャットとユニゾンするcl、チェロも用いて編んでいます。ゆるやかに華やいだ雰囲気のなか深いメランコリーを感じさせる情感豊かなヴォーカル。クリオーロgのコロコロした爪弾きで幕を開ける"Espiral"からラ・プラタ川沿いの瑞々しいフォルクローレのエッセンスが溢れ出し、m-5"Velos"には女性シンガー、パオラ・ガンバラーレがコーラスで参加、m-9"Pintame"のようにフォルクローレ・リズムのカンドンベを基盤にトロピカルな成分を抽出したものまで、静かに咲き誇る花のような芳しさ。いつも手元に置いておきたい親密な作品。

    CATALINA TELERMAN / madreagua (アルゼンチン直輸入盤CD 2,352円+税)


    [速報]LISA ONO featuring FERNANDA TAKAI 開催決定! + 元外務大臣のピアノ奏者がエレガントなサロン・ミュージックを

    0

      [速報]

      ついに正式発表となりました!

      ブルーノート東京にて2019年7月13日~16日行われます小野リサさんの公演に、昨年リリースしたジョビン歌曲集も好評なミナス在住の日系3世女性シンガー、フェルナンダ・タカイの出演が決定しました。日本とブラジルの架け橋となってきた二人の女性アーチストたちの共演、今から楽しみです。詳しくはBLUE NOTE TOKYO のオフィシャル・サイトでご確認ください。

       

      [新入荷案内]

      元外務大臣のピアノ奏者がエレガントなサロン・ミュージックを

      小さな不安を取り除いてくれるように、伸びやかで落ち着いたアンサンブル。彼の地では政治に携わる者たるや充分な素養を身につけているようです。ブラジルのヂウマ政権時の外務大臣であったサンパウロ出身、現在62歳のアントニオ・パトリオータ。外交官として海外で築きあげたキャリアの傍ら、コンポーザー/ピアノ奏者としても腕に磨きをかけ、ここにハイクラスなサロン・ミュージック集を完成させました。トニオ・ヂ・アギアールというアーチスト・ネームを冠って。サックス奏者のレオ・ガンデルマンがプロデュースと編曲を買って出るほか、アンドレ・ヴァスコンセロス(b)やカッシウス・テペルソン(drs)らが参加、優美に洗練されたブラジリアン・ジャズを奏でています。ミゲル・クーパー(vo)がフランス語で歌うシャンソンm-3"Gibraltar"、女優テッカ・フェヘイラが歌うm-6"Samba do inconformista" やm-9"Sisyphus in love"といった唄ものもあり、いずれも海を超えた情景が浮かぶのは見た景色の豊富さが為せる技でしょうか。

      TONIO DE AGUIAR / GEOGRAFIA DO SENTIMENTO (ブラジル直輸入盤CD 1,935円+税)


      アルゼンチン第3の都市サンタ・フェ州ロサリオ出身のS.S.W.がモダンなテクスチャーをまとって

      0

        同郷ロサリオ出身のピアノ奏者パブロ・フアレスとの共作や、コルドバのS.S.W.ルーカス・エレディアとのデュオ作も印象深く、自身のハイブリッド・ポップな作品群も軒並み評価が高いS.S.W.のフリアン・ベネガス('84年生まれ)。今までに20以上のアーチストの作品でコラボレイトを行い、文化的な親交とスキルに磨きをかけてきたフリアンがコンテンポラリー・フォルクローレにスピネッタイズムとも呼べるアルゼンチン・ロックのダイナミズムを注入、弦やヴィブラフォンも参加したハイセンスで新しいアルゼンチン音楽を提示。

         

        アルゼンチン第3の都市サンタ・フェ州ロサリオ出身のS.S.W.がモダンなテクスチャーをまとって

        JULIÁN VENEGAS / DE BARCOS Y DERIVAS (アルゼンチン直輸入盤CD 2,352円+税)

        パラナ川右岸の土地柄、川沿い音楽のリズムを朗らかに春めいた単音リフに置き換えて滑り出す冒頭"Colgados de la luz"からこのアルバムのポテンシャルの高さを窺わせてくれます。今回も自作だけでなく、シャグラダ・メドラからアルバムを発表している同郷のマルティン・ネリ曲"Despierra"、"Canción con árbol"を採り上げ、こちらではジャズ・シーンで活躍するマリアノ・ルッジエリによるピアノや、クラリネットにチェロをフィーチャー、繊細なコンテンポラリー・フォルクローレの色を醸し出しているほか、カルロス・アギーレ・グルーポのベース奏者としても知られ、本作でもチェロにコントラバスをプレイしているフェルナンド・シルバ曲"Danzando"もマルセロ・ステンタによる唄心溢れたegを効果的に用い、複合リズムが生み出す浮遊するメロディーと澄んだハーモニーに一層鮮明な印象を与えています。盟友ルーカス・エレディアがm-5"El sabor de las naranjas"に、ベテランのホルヘ・ファンデルモーレがm-7"De barcos y derivas"にそれぞれゲスト参加。国の文化庁から受賞歴もあり、カエターノ・ヴェローゾのロサリオ公演やリリアナ・エレーロでも同じステージに立つなど豊かなキャリアを誇るS.S.W.の新境地。



        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて


        [以下の音楽雑誌に店主が寄稿しました]


        ミュージック・マガジン5月号 (4/20発売)

         

        〜特集〜

        「ブラジル音楽オールタイム・ベスト100」


        ラティーナ5月号 (4/20発売)

         

        〜特集〜

        「アルゼンチン音楽を聴こう」


        [国内盤リリースのご案内]


        ENSAMBLE CHANCHO A CUERDA / POSDATA (TAIYO0035 2018.12.22 release 限定盤) 好評発売中!


        FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        販売中!


        [記事掲載のご案内]


        体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

        「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



        女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


        5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1666 最後に更新した日:2019/04/23

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM