フェルナンダ・タカイ新作は風光明媚な湖のほとりでのライヴ盤CD+DVDセット

0

    昨年10月、8年ぶりとなる来日公演を行なった日系三世のブラジル人女性シンガー - フェルナンダ・タカイ。最近作スタジオ・アルバム「はかりしれない」からのレパートリーを軸にしたショーのライヴ盤がCD+DVDの組製品で届きました。

    FERNANDA TAKAI / NA MEDIDA DO IMPOSSÍVEL - AO VIVO NO INHOTIM(ブラジル直輸入盤 CD+DVD ntsc, all regieon 2,556円+税) 

    ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンチの空港から1時間半、山の中の湖のほとりに広がる巨大な近代アート施設がイニョチン。今作の舞台はここに特設、木から吊るした洋傘・和傘をモチーフにした照明など演出装置も工夫をこらしたもの。先のアコースティック・セットでの来日ツアーでは演奏しなかった"De un jeito ou de outro" などアルバム「はかりしれない」からのレパートリー。ギターを弾きながら柔らかな声で唄うフェルナンダ・タカイを中心に、コーラスも務める女性ベース奏者ラリッサ・オルタ、S.S.W.としての顔も持つレニス・リノ(drs)、並行して活動するロック・バンド - パト・フにも参加するルル・カマルゴ(key)、マリナ/エリカ・マシャードらもサポートするチアゴ・ボルバ(g) というミナスのミュージシャンたちを中心とした編成で、スタジオ盤では演奏もするフェルナンダの夫 - ジョン・ウリョア(パト・フ)は本ステージではプロデュース・ワークに徹しています。一際歓声があがる「彼女の瞳が輝く処」からの"Diz que fui por ai" に、パト・フのレパートリーである"Nada pra mim" (アナ・カロリーナもカヴァーした名曲)、マイケル・サリバンのヒット曲"Fui Eu"のカヴァー、ドリ・カイミ=ネルソン・モッタ"De onde vens"、"雨に唄えば"の葡語カヴァー"O ritmo da chuva"、ロッド・スチュアートの楽曲でエヴリシング・バット・ザ・ガールも演った"I don't want to talk about it" など新たな取り組みに、CDのボーナス・トラックはスタジオで収録したヴァージョン違いを収録、アルバムの邦題をアートワークに入れ込んだりと、つまびらかなサービス精神も嬉しい作品。

     


    何と製品化まで3年越し、コルドバ出身の鍵盤奏者によるイマネイティヴなソロ・ピアノ

    0

      *この度の仕入れ貨物の目玉です。

      何と音源の完成から3年の月日を経て、フィジカルなCD製品として日の目を見ることになりました。2枚組大作「Imaginario」がここ日本でも音楽通の間で話題となったフアン・カルロス・インガラモの三部作最終章が日本初入荷!

       

      指先を通じて溢れ出るイマジネイティヴな情景、言葉もなしに語られる物語。時に浮遊するepのトーンを用いたりもしながら、インプロビサシオネス=即興ということが俄かには信じられないくらいにコンセプチュアルな世界観を持ったアルゼンチン・コルドバ出身のベテラン鍵盤奏者によるピアノ・インストゥルメンタル。

      JUAN CARLOS INGARAMO / improvisaciones (アルゼンチン直輸入盤CD 2,259円+税)

      今作の版元メロペアを主宰するリト・ネビアのバックを務めたロス・ムシコス・デル・セントロというバンドの創設者で、同じく鍵盤奏者/コンポーザーであるミンギ・インガラモの兄弟。いままでに参加してきた音源は、ペドロ・アスナール、ディノ・サルーシ、ルーベン・ラダ、モノ・フォンタナなど90枚以上を数えるベテランで、故郷コルドバで行われる国際ジャズ・フェスティヴァルでは歌手のメリー・ムルーアらを従えてクロージング・アクトも務めました。フィト・パエスやウーゴ・ファットルーソが参加した「Imaginario」、オランダ人チェロ奏者エレン・デ・ヨングとの「Duo」に続く三部作最終作の「Improvisaciones」では、パタゴニアの森の繁りや渓谷を流れる水音、豊かな自然風景を想起させるような生ピアノの瑞々しいコンテンポラリー・ジャズやフォルクローレのヴォイシングから、自身が身を置いた南米産レア・グルーヴ/ジャズ・ロックを思わせるフュージョニックなゆらめきのepにfxも操作したトラック、そしてラスト・トラックm-12にはリト・ネビアと共作の"Cuando yo me transforme"ソロ・ピアノ・ヴァージョンを収録。

       

      本日は新譜をもう一本。前回4月のアルゼンチンからの仕入れにサンプルを忍び込ませてくれた先方の配慮により、しばし密かな愛聴盤になっていた一枚を。

      カルロス・アギーレ諸作が入手できないとお嘆きの方におすすめのコンテンポラリー・フォルクローレ、ニュー・スタンダード。セバスティアン・マッキ(p)、フェルナンド・シルバ(b)との抒情詩音楽プロジェクト、ルス・デ・アグアのメンバーとして、またガストン・ボッサーノ(b)率いるインストのクアルテート、ランブル・フィッシュのギター奏者としても活動。ロサリオ出身のギター奏者/S.S.W.クラウディオ・ボルサーニのソロ作。

      CLAUDIO BOLZANI / CRECIENTE (アルゼンチン直輸入盤CD 2,259円+税)

      ルス・デ・アグアやランブル・フィッシュではコンポージングも行なっているクラウディオ・ボルサーニですが、今回は盟友であるカルロス・アギーレ"Un pueblo de paso" やセバスティアン・マッキ"Musica del capitan"に"Corazon camalotal"、タンゴに革命を起こしたディエゴ・スキッシ"Cucusitas"、エギベルト・ジスモンチが自身の娘の名前を冠した"Bianca" など、近しい音楽家たちから発せられたセンセーショナルな贈り物に、繊細な音色のガット・ギターと慈しむように優しさが滲む唄声で返礼したかのような珠玉の川沿い音楽集となっています。セバスティアン・マッキにフェルナンド・シルバ、カルロス・アギーレにルイス・バルビエロらシャグラダ・メドラでリリースを行なっている音楽家たちが勢揃い、ポリフォニー仕立てにした民間伝承のフォルクローレ"Se alegremo"に、米国のギタリスト - ラルフ・タウナー(オレゴン)の楽曲も2曲取り上げています。

       

      試聴用の動画が見当たらなかったため、掲載することができませんが、ルス・デ・アグアの世界観がお好きでしたら間違いない好盤です。


      お待たせしました、アルゼンチンから仕入れ貨物の到着 + フリアン・モウリンとジャパン・ツアー2017 全容

      0

        *先ほどアルゼンチンから待ちに待った仕入れ貨物が到着を果たしました。

        今回は3年越しくらいでフィジカルな製品のリリースを待ち望んだピアノ奏者のCDアルバムを筆頭に、新譜も多く仕入れていますが、本日、横浜悦びトークショー開演前にプチGIGで参加させていただくスケジュールのため、じっくり新譜に取り組むことができそうにありません。しかし、直近の仕入れにて大好評を得たフュージョニックでAORタッチなウルグアイのニコ・イバルブルほか、人気タイトルでSOLD OUTとなってしまっていた良作ばかりが再入荷してますので、まずはそちらをリスト・アップ。

        [再入荷案内]

        NICOLAS IBARBURU / CASA RODANTE 

        MELISA LAMIONE / INFINITO FLORECERES

        AINDA DUO / UNO

        AINDA DUO / SEGUNDO

        RODRIGO CARAZO / OIR E IR

        TINCHO ACOSTA 

        FLOR OTERO / EL JUEGO VERDADERO

        FLORENCIA OTERO / NOCTURNO MUNDO

        MARTIN ROBBIO TRIO / TIERRA (ジャズ・ピアノ、ディノ・サルーシやナナ・ヴァスコンセロス曲も)

        ULISES CONTI / POSTERS PRIVADOS

        CRIBAS / LA HORA DIMINUTA

        NATALIA MARTINEZ COM EL PALERMO TRIO / TE HA DADO UNA CITA EL TANGO (ギターの名手と若き女性シンガーによるタンゴ作品)

        MARINA SANTILLAN / MAR ADENTRO (瑞々しい女性voの川沿い音楽、数年ぶりの入荷)

        FLORENCIA BOBADILLA, IGNACIO AMIL / CIPSELA

        DUO BOTE ( FLORENCIA BOBADILLA, ABEL TESORIERE ) / YSYVY (この季節にぴったり、知られざる川沿い音楽を女性vo +g で)

        YVYRA / MONTE (上記デュオ作のギター奏者アベルのインスト・ギター・デュオ作品)

         

        そして以前、6.29 東京・神楽坂公演のお知らせをさせていただいておりましたが、弊店の12周年を記念したブエノス・アイレスのS.S.W.フリアン・モウリンと大洋レコード・伊藤亮介による6都市7公演の全国ツアー(GIGs) の全容をここに発表したいと思います。

         

         

        『大洋レコード12周年記念企画 JULIAN MOURIN と JAPAN TOUR 2017』

         

        JULIAN MOURIN(フリアン・モウリン)
        [プロフィール]
        ブエノス・アイレス出身。20歳の時に農業経済学を学んでいた大学を中退し、音楽学校に編入。フアン・キンテーロ(アカ・セカ・トリオ)らに師事を受ける。vo,g, 作曲を担当したバンド - チュカーロで3枚のアルバムを発表したのち、川沿いのフォルクローレとフォークトロニコが溶け合った音楽表現で話題を呼んだ1st 「Mate de metal」(2012)以来、ソロへと転身。公的な文化機関が助成した幾つかのコンサート企画( La ruta de cancion 他)にも出演、奥さんのソフィアと出掛けたハネムーンならぬハニー・ツアーで、アルゼンチン各地の小学校を廻り、ワークショップを開く傍で、トラッド曲に登場する人物と会ったり、フォルクローレの由来を深いところまで探求。そのなか書かれた曲を収めたマジカルな2nd 「スール・ソラール」を正規国内盤にて発売(2015, TAIYO 0025)。日常の中から生まれた私小説のようなストーリーと、フォルクローレの定型を応用発展させたポップなハーモニー、そしてアコースティックに電子楽器のエッセンスを振りかけたサウンドは、現代のシンガー・ソングライターの典型として現地メディアでも報じられている。積極的に国内外のアーチストとコラボレーションするプロジェクト「カンシオネス・フレスカ」を自ら働きかけ、アインダ・デュオとも共演、ブラジルのベロ・オリゾンチに出かけたり、ウルグアイのモンテビデオ、スペインのマドリッド、米国のニュー・ヨークでもショーの経験を持つ。一児の父でもあるフリアン・モウリン夫妻による子供向け音楽プロジェクト「カンシオネス・カリンバ」で制作したアルバムが2017年6月11日に発売。
        JULIAN MOURIN / CANCIONES KALIMBA (6.11release)

         

        伊藤亮介 / ryosuke itoh e shiho

        [プロフィール]

        2005年より東京・神楽坂でアルゼンチン・ブラジルからの輸入盤セレクトCDショップ /レーベル (有) 大洋レコードを運営。雑誌・書籍のディスク・レヴュー原稿や、他レーベルでリリースされたアルバムのライナーノーツを執筆。不定期ながらラジオの選曲や出演も行ってます。その傍ら南米のS.S.W.たちと直に触れ研磨した表現、親密な雰囲気にこだわった夫婦デュオ”ryosuke itoh e shiho”として自作自演の作品制作、来日アーチストの前座、日本語訳のヴァージョン歌詞の書き下ろしなども行ってきました。(2016年には、フェルナンダ・タカイに提供した”Kobune”が、ブラジルの連続ドラマ主題歌に採用。)今となっては珍しい8cmCDRの形態でboøwy 歌曲集や原田知世歌曲集など四作を発表、川沿い音楽やノーヴォス・コンポジトーレスという日々触れる音楽のフィルターを通した新鮮な解釈、そしておうちのなかで娘のコーラスなどを交えたアコースティック宅録の手法 - 空気感を大事にするため、唄とギターは同時に録音。この声とギターとフルートのデュオ・プロジェクトが足跡を再録・新録で綴るCD作品「Minha Estrada」(TAIYO 0031)を2017年6月24日に発売。

        ryosuke itoh e shiho / minha estrada (6.24 release) 

         

        6.21 wed 高円寺 Doggie Boggie 

        東京都杉並区高円寺南1丁目5-4 高円寺サンハイツB1F

        開場19:00 開演20:00

        予約3,000円 / 当日3,500円(共にドリンク別)

        予約・問 03-3317-2806 または mikiemo0124アットgmail.com (アットを@に変えてお申し込みください)

         

        6.23 fri 岡山 Kamp

        岡山県岡山市北区奉還町3丁目1-35

        開場 19:00 開演 19:30

        DJ & トークショウ : moderado music 岡本方和 x 大洋レコード・伊藤亮介

        予約3,000円 / 当日3,500円(共にドリンク別)

        予約・問 moderadomusicアットgmail.com (アットを@に変えてお申し込みください)

         

        6.24 sat 神戸 ボナルー・カフェ

        兵庫県神戸市須磨区須磨浦通 4-6-16 2F

        開場18:30 開演 19:30

        予約3,000円 / 当日3,500円(共にドリンク別)

        予約・問 078-737-2480 または infoアットbonnaroocafe.com (アットを@に変えてお申し込みください)

         

        6.25 sun 大阪 chef-d'oeuvre シェ・ドゥーヴル

        大阪府大阪市阿波座1-9-12

        開場17:00 / 開演18:00

        DJ : nicheishida

        予約3,000円 / 当日3,500円(共にドリンク別)

        予約・問 06-6533-0770 または infoアットniche-exp.jp(アットを@に変えてお申し込みください)

         

        6.27 tue 名古屋 Cafe Dufi

        愛知県名古屋市中区新栄 3-17-11

        開場 19:00 開演 20:00

        予約3,000円 / 当日3,500円(共にドリンク別)

        予約・問 052-263-6511

         

        6.29 thur 神楽坂 フラスコ
        東京都新宿区神楽坂6-16
        GIGs : Julian Mourin / ryosuke itoh e shiho 
        開場 18:30 / 開演 19:00
        予約 3,000円 / 当日 3.500円(共にドリンク別、ご帯同のお子様は無料)

        大洋レコードHPご予約フォーム→ ☆ 6/29神楽坂フラスコのご予約フォームはこちら ☆
        (クリックするとメールが立ち上がりますので、ご記入の上送信して下さい。)

        問・03-3235-8825 

         

        7.1 sat 札幌 UNTAPPED HOSTEL 別館 

        北海道札幌市北区北18条西4-1-8 

        開場 18:30 開演 19:30

        予約3,000円 / 当日3,500円(共にドリンク別)

        予約・問 聴雪庵(ちょうせつあん)札幌市中央区南5条西4丁目すすきの寿ビル1階 011-555-4953

        担当:小島 メール予約 infoアットchousetsuan.com (アットを@に変えてお申し込みください)

        「代表者お名前」「電話番号」「人数」をお知らせください。24時間受付しております。

         

        フリアン・モウリン共々、各地で皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

        よろしくお願いします。



        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



        [イベントのお知らせ]


        「大洋レコード12周年企画 フリアン・モウリン”と”ジャパン・ツアー 2017」


        おかげさまで6月25日を持ちまして大洋レコード神楽坂店舗は開業12周年を迎えます。これを記念して、ブエノス・アイレスのシンガー・ソングライターJULIAN MOURINを招聘、輸入盤販売業の傍ら自作自演も行う大洋レコード・伊藤と全国をGIGs。


        6/21(水) 高円寺ドギーブギー

        6/23(金) 岡山Kamp

        6/24(土) 神戸ボナルーカフェ

        6/25(日) 大阪シェドゥーブル

        6/27(火) 名古屋CAFE DUFI

        6/29((木) 神楽坂フラスコ

        7/1 (日) 札幌アンタップド・ホステル別館


        *6/21高円寺に伊藤は出演しません

        「大洋レコード12周年企画 JULIAN MOURIN と JAPAN TOUR 2017 東京・神楽坂公演」

        2017.6.29 thursday 神楽坂フラスコ

        東京都新宿区神楽坂6-16

        GIGs : Julian Mourin / ryosuke itoh e shiho 

        開場 18:30 / 開演 19:00

        予約 3,000円 / 当日 3.500円(共にドリンク別、ご帯同のお子様は無料)

        主催:(有)大洋レコード 協力:酒類卸 (株)ひのや、(株)ラティーナ

        大洋レコードHPご予約フォーム→ ☆ 6/29神楽坂フラスコのご予約フォームはこちら ☆

        [国内盤リリースのご案内]


        JULIAN MOURIN, SOFIA URRUTI - CANCIONES KALIMBA (TAIYO0030 2017.6.11 release)



        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)


        ご予約受付中!


        [web記事掲載のご案内]

        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜・今月はツアーのため6/18 ~ 7/2 までお休みが多くなります。フリアン共々、各地でお会い出来ることを願っています。

        03-3235-8825

        スマホ版

        [広告]

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1419 最後に更新した日:2017/06/22

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM