アントニオ・カルロス・ビゴーニャ再入荷スケジュール + サンティアゴ・トリセッリ feat ロサナ・アメー映像再掲 + ピアノとギターのマエストロ二人がダンス・カンパニーのために制作した美しく神秘的なサントラ作品。

0

    *週末の営業スケジュールに変更がございますので、おしらせします。

    2019/4/6 sat 都合により2pmより営業 14:00 - 19:00

    2019/4/7 sun 第一日曜で店休日

     

    店頭にもCDマテリアルの問い合わせが続出しております、現在品切れ中のピアノ奏者アントニオ・カルロス・ビゴーニャ最新作「ANATHEMA」、オスカー・ニーマイヤーの描画をジャケットにしたCDアルバムですが、再入荷の目処が立ちそうです。向こう10日くらいの間にサンパウロから発送される見込みなので、遅くとも4月の4週目、GW前には再入荷いたします。お探しにご来店いただいた方々、この機にぜひご予約くださいますと確実です。商品ページより、ご注文の手続きを頂ければ、受付日付の順にて承ります。よろしくお願いします。

    ↓商品ページではSOLD OUTになってますが、通常通りお手続きをいただくか、問い合わせよりメールを頂ければご予約承ります。

    ANTONIO CARLOS BIGONHA / ANATHEMA [再入荷待ちご予約商品]

     

    往々にしてリリース間もない商品を輸入仕入れした場合、まだレコ発ライヴなどの映像が入手できないことがあります。昨日のフリアン・ベネガスに続いて、チャンチョ・ア・クエルダのcl奏者マヌエル・ロドリゲス・リバのSNS投稿により、ピアノ奏者サンティアゴ・トリセッリのライヴ映像の存在を知りましたので、此処に掲載します。アルバム「CERCANIA」の2曲目"El Otro Camino"です。

    ↓こちらは商品もまだ在庫がございます。お求めの際は下記リンクよりどうぞ。

    SANTIAGO TORRICELLI ENSAMBLE / CERCANIA 

     

    こちらは新入荷商品の中から、2006年発表と、少し前のリリースとなるのですが現代ブラジル音楽、サンパウロのジャズ界を基点に活躍するピアノとギターのマエストロ二人がダンス・カンパニーのために制作した美しく神秘的なサントラ作品。

    BENJAMIM TAUBKIN e ARTHUR NESTROVSKI / milágrimas (ブラジル直輸入盤CD 2,157円+税)

    舞台監督イヴァルド・ベルタッツオによるダンス演劇「milágrimas」はアパルトヘイトがテーマ。市民ダンサーとプロのミュージシャンが繰り広げるステージの重要なパートを占めるサウンドトラックでは、音楽監督のコンテンポラリー・ジャズ出身ベンジャミン・タウブキン(p)、クラシックにも造詣が深いアルチュール・ネストロフスキー(g)二人の編曲術と、テコ・カルドーゾ(flute,ss)、サシャ・アンバッキ(programação eletronica)、ゼカ・アスンサォン(b)、セルジオ・ヘジ(drs)、アリ・コラレス(per)らが参加。アフロ・ブラジル文化をより哲学的なサウンドで表現することに成功していますが、ゴスペル・コーラスのコルワ・ブラザースにアネリス・アスンサォン(vo)、アリシ・ルイス(vo)のハーモニーも彩りに深みを与えています。レパートリーはトラッドの"Desafio"から、ギンガ作"Igreja da Penha"、ドリヴァル・カイミ作"Milagre"、ネルソン・カヴァキーニョ"Luz Negra"に"Juizo Final"、ミルトン・ナシメント"Caxangá"、そしてタイトルにもなったイタマール・アスンサォン"Milágrimas"、これらをオリジナルとは異なる澄み切ったヴォイシングのアレンジで快演。


    フリアン・ベネガス新譜の映像再掲 + 週末の営業スケジュール

    0

      *週末の営業スケジュールに変更がございますので、おしらせします。

      2019/4/5 fri 通常営業 12:00 - 19:00

      2019/4/6 sat 都合により2pmより営業 14:00 - 19:00

      2019/4/7 sun 第一日曜で店休日

       

      先日ご紹介差し上げたアルゼンチン・ロサリオのS.S.W.フリアン・ベネガスの新譜につきまして、参考動画はアーチスト本人がアップしているフル・アルバムの音源のみでしたが、今日になって新しい動画がアップされていると思い、検証したところ、

      今回のアルバムには未収録のエドゥアルド・ファルー楽曲でした。

      気を取り直して、現地のTV番組(?)の動画をチェックしましたら番組終わりに新譜の一曲目"Colgados de la luz"をプレイしていました。フリアンの生ギターと生歌、カホン奏者のごくプライヴェートなセッションなのですが、すごく格好良いので此処にオススメします。

       

      商品はこちら↓ 通販のご注文、ご来店お待ち申し上げます。

      JULIÁN VENEGAS / DE BARCOS Y DERIVAS (アルゼンチン直輸入盤CD 2,352円+税)  


      ショーロ、フォホーからコンテンポラリー・ジャズ、インストに唄ものに高い音楽スキルを誇るアコーディオン奏者のソロ作

      0

        *明日の3日は水曜日で定休日となります。

         

        ショーロ、フォホーからコンテンポラリー・ジャズ、インストに唄ものに高い音楽スキルを誇るブラジル・アコーディオン奏者のソロ作

        バイーア州の南部地域で生まれ、ブラジリア大学で音楽を学んだジュニオール・フェヘイラ。幼い頃からアコーディオンに魅了されてきたこの音楽家はバンドリン奏者とのデュオやエリクリス・ゴメス(p)とのトリオをはじめ、様々なアーチストと共演を重ねヨーロッパ、アフリカに南米中を演奏旅行してきましたが、ここに晴れてソロ作を発表しました。磨き上げた軽やかな運指のみならず、冒頭からボイス・パーカッションの多重録音トラックを披露、約半数を占める唄ものでは自ら素朴な歌い口でヴォーカルをとります。自らのペンによるインストのバイーアォン、そして潮の匂いが香るアフロ・ブラジルのリズム、トゥーリオ・ボルジス作"Minha Lembranças"や、現代ブラジル音楽の始祖のひとり、ガロート作のショーロ"Jorge do Fusa"、バイーア出身のサンビスタ、ホキ・フェヘイラ作の"Dona Fia"などを収録。ルイス・ゴンザーガの用いたフォホーの定番楽器、8低音アコーディオンのマエストロであるルイジーニョ・カリシュトが参加した"Casa de Ferreira"や、ブラジル制作で優れたアルバムを発表したスペイン人女性シンガー、イレネ・アティエンサがゲスト参加した"Mais Que Bem Querer"、ビッグ・バンド・ジャズのアレンジが豪快に盛り立てる"Assovio de Cobra"まで多彩な音楽性と高度な奏法の両方が詰まった意欲作。

        JUNIOR FERREIRA / CASA DE FERREIRA (ブラジル直輸入盤CD 2,037円+税)



        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて


        [以下の音楽雑誌に店主が寄稿しました]


        ミュージック・マガジン5月号 (4/20発売)

         

        〜特集〜

        「ブラジル音楽オールタイム・ベスト100」


        ラティーナ5月号 (4/20発売)

         

        〜特集〜

        「アルゼンチン音楽を聴こう」


        [国内盤リリースのご案内]


        ENSAMBLE CHANCHO A CUERDA / POSDATA (TAIYO0035 2018.12.22 release 限定盤) 好評発売中!


        FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        販売中!


        [記事掲載のご案内]


        体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

        「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



        女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


        5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1666 最後に更新した日:2019/04/23

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM