パトリシオ・ピエトレク在籍。コンテンポラリー・フォルクローレをビッグバンド・ジャズのラージ・アンサンブルで

0

    *今週末は土日とも12時~19時の通常営業です。土曜は14時以降、日曜は12時から終日、伊藤在店しております。

     

    どこまでも続く広大な平野を思わせる澄み切った音像、弊社で国内盤CD「Pájaro Azul」(世界初のフィジカル製品)をリリースしたベース奏者のパトリシオ・ピエトレクや、ペルー生まれの女性シンガー - サンドラ・ペラルタとの夫婦デュオ作「Amos Viajero」が評判のギター奏者レアンドロ・カシオーニも在籍。2012年にブラジル音楽をアルゼンチン流にラージ・アンサンブル的解釈をした「Sotaque」でデビュー。2ndとなる本作では、ベネズエラ、ウルグアイ、ペルー、そしてアルゼンチンのコンテンポラリー・フォルクローレにスポットを当て、ハビエル・マレコ指揮のもと、アルゼンチン音楽家集団らしく繊細できめ細かいプレイを披露。アンドレ・メマーリ、ウィリー・ゴンサレス、リト・ビターレ、カルロス・アギーレ、ウーゴ・ファットルーソ、ダリオ・ハルフィンらがゲスト参加。

    A SAIDERA ORQUESTA / SUR (アルゼンチン直輸入盤CD 2,157円+税)

    吹奏楽アンサンブルのめくるめく展開が痛快なエルメート・パスコアル曲メドレーの冒頭には、アンドレ・メマーリ(p)が参加。ビッグバンド・ジャズへと姿を変えたm-3"El discreto encanto de ser poteño"には作者リト・ビターレ(p)自身も参加、凄腕ベース奏者ウィリー・ゴンサレスが書いたm-4"Papá Blanco"にはウィリーと女性シンガー、ガブリエラ・バシアルスが参加し、フォルクローレをラテン・ジャズに昇華させて聴かせてくれます。川沿いのたおやかな風景を描いた名曲m-6"Los tres deseos de siempre" は作者のカルロス・アギーレが歌とアコーディオンで参加、木管のハーモニーへと形を変えた序章が新鮮でもあります。A.C.ジョビン=ヴィニシウス・ヂ・モライスのボサ・ノヴァ黄金タッグによって書かれたm-9"Modinha"は女性シンガーのリヒア・ピロが、ウルグアイの優れたコンポーザーであるレオ・マスリアのm-11"La Moto"はS.S.W./ピアノ奏者ダリオ・ハルフィンが好演。


    ジョナス・サーの程よく力の抜けたメロウ・ソウルな作品がいまの気分、CDとアナログLPで。

    0

      *トップ・ページにご案内してますように、web通販用のショッピング・カートがより使い易くなりました。

      *明日の11/7は水曜の定休となります。

       

      本日ブエノス・アイレスから入荷がございまして、以下の商品が再入荷となっております。来週にもう一便届く予定です。

      [再入荷案内アルゼンチン]

      VECINA / FORMAS DE BUCEAR

      VECINA / DESPUÉS DE LA MUDANZA

      ULISES CONTI / POSTERS PRIVADOS

      ULISES CONTI / 1234,8

      JUAN QUINTERO y LUNA MONTI / DESPUES DE USTED (*最終入荷です。この機を逃すと二度と入りません)

      JUAN QUINTERO y LUNA MONTI / EL MATECIO DE LAS SIETE

      FER ISELLA / EL ARTE DE LO POSIBLE

      GEORGINA HASSAN / TORNASOL 

      GEORGINA HASSAN / MADRESELVA

      MARIA PIEN / MALINALLI

       

      [新入荷案内ブラジル]

      さて表題にありますように、気温の下がってきた今日この頃、気分を程よく解きほぐしホッとさせてくれるアルバムが到着しました。オ・テルノを率いるチン・ベルナルデス、ミナス出身のS.S.W.セーザル・ラセルダ、インディー・フォークトロニコのサウンドで一世を風靡したシウヴァ、エミシーダらがゲスト参加した傑作をリリースしたばかりのフベール、ベレンから登場したS.S.W.アルチュール・ノゲイラ... ディスク・ガイド「21世紀ブラジル音楽」に掲載されている新たな価値観を持った新進気鋭のアーチストたちの系譜に名を連ねる傑作が満を持して到着。上に挙げたミュージシャンたちの作風に共通するのは、ベッドルーム・ポップ的親密な手触り、コラージュを凝らしたガレージ感と、管弦楽を違和感なく共存させる俯瞰した視点。これらが極上のポピュラー・チューンを生み出し、多くの共感を呼んでいるのです。ジョナス・サーの場合は、深く関わってきたリオのシーン、オルケストラ・インペリアルや+2周辺のいわゆる新世代ブラジル音楽がもとより大きく関係していますが、三作目となる本作はマリア・ベラルドやマウリシオ・ペレイラ(チン・ベルナルデスの父ちゃん)、クアルタベーをリリースしているサンパウロのレーベル・ヒスコから。

       

      ジョナス・サーの程よく力の抜けたメロウ・ソウルな作品がいまの気分

      JONAS SÁ / PUBER (ブラジル直輸入盤CD 1,907円+税)

       

      JONAS SÁ / PUBER (ブラジル直輸入盤LPレコード シールド新品 4,444円+税+送料)

       

      シネマというバンドで活動していた父のもと、78年リオ・デ・ジャネイロの生まれ。兄のギタリスト - ペドロ・サーがバンダ・セーとして共演するカエターノ・ヴェローゾのアルバム「Cê」ではゲスト参加を果たした他、オルケストラ・インペリアルではフーベン・ジャコビナと共作共演、ニナ・ベッケル「Acrilico」など数々の楽曲提供をも行い、コンポーザーとしても活躍。モレーノ・ヴェローゾと制作した1st、セクシャルな題材を扱った2nd、と話題を浚いながら満を持して制作したのが本3rdアルバム「Puber」。オルタネイティヴなブラジル音楽の真っ只中で活動する、ペドロ・サー(g)、ヒカルド・ヂアス・ゴメス(syn)とマルセロ・カラード(drs、共にド・アモール、バンダ・セー)、ペドロ・ダンタス(b、ヴァネッサ・ダ・マタ)らツワモノたちと程よい脱力感を伴った心地よいグルーヴを展開。アコースティック・タッチな"Aimoré"に始まり、ファルセット・ヴォイスと浮遊するモノフォニック・シンセで抜群にメロウなポップ観を創出するm-3"Olas de calor"や、マルセロ・ジェネシが友情参加したファンタジックなムードのm-6"Trem"、メランコリックでフォーキーなm-7"Imensidão"ではデヴィッド・ボウイ"Space Oddity" を思わせる宇宙のS.E.を導入、カラフルかつコズミックなm-12"Voz de rochero"、深遠なピアノと不思議なコーラス・ワークに惹かれるm-13"Kim"まで、コンポーザーとして、S.S.W.として持ち得るものを惜しみなく注ぎ込んだ力作。

       

       


      レコードの日翌日 : メタメタ1st初LP化、トゥリッパの最新作LP化、キコ・ヂヌッチのソロLP + カルロス・アギーレのソロ・ピアノがCD国内盤化

      0

        *11/4 は第一日曜にてお休みをいただきました。

         

        昨日は世界的にレコードの日として定められ、各地各店でいろいろな催しが行われていた模様です。ちょうどサンパウロから仕入れ貨物が入荷した中にアナログLPも仕込んでございますので、この期に3タイトル紹介させていただきます。

         

        以前に工場製CDR製品で輸入販売をいたしました、サンパウロのエクスペリ・サンバを代表する一枚 - 2011年のメタ・メタ初作が本年アナログLPにてリイシューされました。

        METÁ METÁ (ブラジル直輸入盤LPレコード シールド新品  4,444円+税+送料)

        ジュサーラ・マルサル(vo)、チアゴ・フランサ(sax)、キコ・ヂヌッチ(g)の3人からなるユニットがこのメタ・メタ。2011年制作、エクスペリサンバの傑作がアナログ・レコード化。アフロ・ブラジルとアドニラン・バルボーザに端を発するサンパウロ産サンバの系譜、そして都会的な洗練とエクスペリメントなマインド。これらを唄、木管、生ギターというサロン・ミュージック的なミニマム編成で体現したのがこのメタ・メタ。ジュサーラの居たア・バルカのバンド・メイトでもある鍵盤奏者リンコン・アントニオ作のm-2"Umbigada"や、後にパッソ・トルトの1stで再録されるm-5"Samuel"など静けさの中をたゆたうように織りなす少し冒険的なアコースティック・アンサンブル。そして後半はダグラス・ジェルマノらと共作されたり、キコのペンによるアヴァン・アフロのエッセンスをセルジオ・マシャードのドラムスと共に醸し出します。トラッド曲の斬新なカヴァー"Ora le le o" も。

         

        ポップ・フローレスタによる歌とギターとひとつまみのパーカッションのアルバム。当社にて国内盤化した傑作が晴れてアナログ・リリース。国内盤CDのボーナス・トラック"Quando eu achar (japanese version)" もレコードに収録。

        TULIPA RUIZ / TU (ブラジル直輸入盤LPレコード シールド新品  4,907円+税+送料)

        楽園の花畑に佇んでいるかと錯覚を起こさせるトゥリッパの芳しい唄声。1st アルバム「efêmera」発表後の2010年、初のヨーロッパ・ツアーに出掛けたのはトゥリッパとグスタヴォの姉弟デュオ編成。多くの近しいミュージシャンの参加や、ビザールなギター、コーラス・パートの多重録音でゴージャスに仕立てたスタジオ・アルバムに反して、楽曲が生まれたままの裸の状態でいること。これをトゥリッパはヌードと呼んでいますが、サンバのグループで歌伴の7弦ガットギターを弾いていたこともあるグスタヴォとのデュオを基盤に、オルケストラ・インペリアルをはじめ新世代ブラジル音楽シーンで活躍する打楽器奏者のステファン・サン・ジュアンが様々な打楽器を用いて楽曲に彩りのエッセンスを振り掛けるという内容。1st「efêmera」収録の"Pedrinho"、2nd「トゥド・タント」収録の"Desibinida"と"Dois Cafe"、3rd「Dancê」収録の"Algo Maior"、新たな書き下ろし5曲のなかには、先行シングルとして制作された"Game"、フレンチ・メキシカンのシンガー/俳優/監督、アダン・ホドロフスキーが参加した"Terrorista del amor"や、姉弟の父ルイス・シャガス(ISCA de policia)作の"Pedra"なども。

         

        エクスペリ・サンバ界隈で最もポスト・パンク色の強い作品がアナログ化。

        KIKO DINUCCI / CORTES CURTOS(ブラジル直輸入盤LPレコード シールド新品 4,444円+税+送料)

        バンダ・アフロマカロニコを経て、パッソ・トルトやメタ・メタなどエクスペリ・サンバのユニットでも活躍中。本職をギターとコンポージングに置くキコ・ヂヌッチ初のソロ名義作がアナログ・リリース。エクスペリ・サンバ界隈で最もポスト・パンク色の強い作品となっております。2011年から演奏活動の合間に書き溜められた40曲のダイアローグ(回想録)から15曲を抜粋。ヨーロッパでも高評価を得たメタ・メタの「MM3」と同様、マルセロ・カブラル(b)とセルジオ・マシャード(drs)が全編に参加し、キコやギリェルミ・エルヂのファズ・トーンがグルグル駆け巡る中でもキレの良いプレイを見せつけます。キコ・ヂヌッチが日常を切り取ったクルーナー・ヴォイスの唄とジュサーラ・マルサル、トゥリッパ、ナー・オゼッチら女性vo によるコーラス・ワークが暗闇に浮かび上がるロウソクの炎のよう。シンセ使いや時折みせるアイロニカルなトーンにサンパウロのアーティスティックな一面をも感じさせます。

         

        こちらはアルゼンチン盤が長らく絶版状態にあったコンテンポラリー・フォルクローレ、珠玉のピアノ作品が国内盤CD化。

        CARLOS AGUIRRE / CAMINOS(インパートメント社 2,500円+税)

        カルロス・アギーレがトゥクマンにある劇場に於いてライヴ録音を敢行したピアノ・ソロ作品。静けさの中にドラマ性や生の息吹を感じさせる旋律が紡ぎ出されています。いくつものヴァージョンを生んだ名曲"Milonga Gris"や"Un Pueblo de Paso"の原典はこのアルバムです。



        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



        [国内盤リリースのご案内]


        FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        販売中!


        [記事掲載のご案内]


        体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

        「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



        女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


        5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1616 最後に更新した日:2018/11/16

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM