エクスペリ・サンバの双頭のひとりを為すホドリゴ・カンポスのサンバ楽器にこだわった一枚はフィジカルで

0

    *12/2 は第一日曜で店休日となります。

     

    エクスペリ・サンバの双頭のひとりを為すホドリゴ・カンポスのサンバ楽器にこだわった一枚はフィジカルで。と言いますのも、前にセーザル・ラセルダ「Tudo Tudo Tudo Tudo」の時に感じたのと同様、先に配信されているデジタル音源と音圧、ミックスが違うように感じてしまうためです。実験とサンバの流儀、このふたつを綱渡りで行ったり来たりするこの音源、繊細で絶妙な匙加減ならぬフェーダー加減が施されていることは想像に難くありません。

    RODRIGO CAMPOS / 9 SAMBAS (ブラジル直輸入盤CD 2,259円+税)

    パッソ・トルトなどサンパウロのエクスペリ・サンバ・シーンの中核として作品を発表するより前、2005年にルイーザ・マイタやマルコス・パイーヴァらとスタジオに入り、制作に取り掛かったサンバ・アルバムがありました。これは音楽的に頓挫してしまいお蔵入りとなったのですが、前述のプロジェクトやヴェロニカ・フェヒアーニのバックで来日したりと、アーティスティックに前線で活躍した13年を経て、新たに曲を書き下ろし挑んだ夢の続きのような作品。以前に「Bahia Fantastica」というアルバムをリリースしているのですが、この人のルーツにはやはりアフロ・サンバがあります。今作では自身でカヴァキーニョからヘピーキ、タンタン、ガンザ、タンボリンとサンバ楽器をすべて演奏、パッソ・トルトの盟友であるホムロ・フローエス(vo)やマルセロ・カブラル(b)、メタ・メタからは女性シンガー - ジュサーラ・マルサル(vo)とチアゴ・フランサ(as, ts, flute)、クアルタベーからはマリア・ベラルド(cl)らが参加。一切エレクトリック・ギターを用いていないものの、チアゴ・フランサやマリア・ベラルドの即興スタイルな木管やドゥスタン・ガラスのローズ・ピアノなどを伴い、オブスキュアなメロディとクルーナー・ヴォイス、従来のフォーマットとは一線を画すサウンドを展開。我々にはボサ・ノヴァに聴こえる瞬間も往々にしてあります。曲ごとに異なるプロデューサーを立てているのも特色で、リゾート地のトロピカルな景観を思わせるm-4"Clareza"はゲスト・ヴォーカルにキコ・ヂヌッチ、そしてプロデュースはベト・ヴィラーリス。サンプラーで室内楽の雰囲気を醸し出すm-5"Na Sacola"はインスティチュートのギー・アマビスが手がけ、ホムロ・フローエスとのデュオ作話題のソロを発表しているセーザル・ラセルダをヴォーカルにフィーチャーしたm-9"Casa Velha"はマルセロ・カブラルがプロデュース。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.08 Saturday
      • -
      • 18:42
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

      ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

      東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


      WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



      [国内盤リリースのご案内]


      FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


      TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


      PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

      好評販売中!


      ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

      販売中!


      [記事掲載のご案内]


      体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

      「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



      女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


      5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


      2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


      ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


      NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


      * 店舗営業日カレンダー

      い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

      03-3235-8825

      スマホ版

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        伊藤亮介
      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        立野 BUN 博一
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        伊藤亮介
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        伊藤亮介
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        sknys
      • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        太田和夫

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1625 最後に更新した日:2018/12/08

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM