ルリーニャ・アレンカール、メストリーニョ、二人のコンテンポラリーなアコーディオン奏者によるデュオ作

0

    *週末の秋雨は切ないですね。学童野球など屋外のスポーツ・スケジュールも中止になってしまいますから。プロ野球はやるのでしょうか、シーズン後半で日程が詰まってきてます。最近プライヴェートでオークション購入したCDに大洋ホエールズの応援歌集というのがありまして、コロンビアからリリースされている本作は、ベイスターズになってからのポニーキャニオン盤(打ち込み中心)と違って、金管オーケストラによるゴージャズなアンサンブルが施されています。この夏、甲子園100回大会でブラバンにも注目が集まったのも記憶に新しく、分厚いアンサンブルは胸を熱くさせるなぁと思ってしまいます。ブラジルに於けるブラスのアンサンブルにご興味のある方は、マエストロ - ネルソン・アイレスのビッグバンドをどうぞ。

     

    *アコーディオンというとお祭り音楽のように陽気なイメージがつきまといますが、「魂に触れ、心を穏やかにする録音」を心がけたというacc二台のみによるデュオ作。空気を孕んだ柔らかな音色と流麗なハーモニー、鮮やかなaccの奏法を駆使し表現された美しく弾むリズム。

    LULINHA ALENCAR, MESTRINHO / TOCANTE (ブラジル直輸入盤CD 1,907円+税)

    ブラジル北部リオグランデ・ド・ノルチ出身でモデルナ・トラヂサォン、コレチーヴォ・アメリカ・コンテンポラネアなどのユニットでも活動、2012年には北東部の一大フェスティバルであるフェスタ・ド・ジュニーナスのライヴ・サーキットでアコーディオンの巨匠ドミンギーニョスとひと月掛けて巡業したというルリーニャ・アレンカール。そしてドミンギーニョスの晩年を5年の間共にした愛弟子で、ジルベルト・ジルのバックの他、S.S.W.としてソウルやジャズ、黒人音楽のエッセンスが滲み出すソロ傑作を発表している新進気鋭のメストリーニョ。ショッチ、バイーアォン、フォホーを現代的に解釈するリノベイターとして知られるアコーディオン奏者の二人が初めて邂逅、師匠ドミンギーニョスを偲んだ作品を制作しました。m-3"Noites Sergipanas"のように語り合うように親密な解釈が施されたドミンギーニョスの楽曲を始め、アレンカールとメストリーニョそれぞれが巨匠に捧げるオリジナル・コンポーズ、そしてフランスの音楽家リシャール・ガリアーノによる"Ciao São Paulo"を収録。

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.11.16 Friday
      • -
      • 14:16
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

      ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

      東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


      WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



      [国内盤リリースのご案内]


      FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


      TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


      PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

      好評販売中!


      ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

      販売中!


      [記事掲載のご案内]


      体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

      「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



      女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


      5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


      2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


      ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


      NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


      * 店舗営業日カレンダー

      い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

      03-3235-8825

      スマホ版

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        伊藤亮介
      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        立野 BUN 博一
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        伊藤亮介
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        伊藤亮介
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        sknys
      • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        太田和夫

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1616 最後に更新した日:2018/11/16

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM