カルロス・アギーレ2018東京公演観覧記

0

    *明日は第二日曜なので通常通り営業します。

     

    昨日の研修はコンテンポラリーなアルゼンチン音楽で最も敬愛を集めるといっても過言ではない、カルロス・アギーレの6年ぶりとなる来日ツアー初日、スクエア荏原ひらつかホールに馳せ参じてまいりました。スタインウェイのグランド・ピアノを前に白いシャツという出で立ちで、最新作「Calma」の収録曲からはじめ、ヴォーカリーズから徐々に歌詞に重きをおいた川沿い音楽 = リトラール地方の唄に。ウルグアイの作家に同郷パラナー出身のルイス・バルビエロ、タンゴ作家アルフレド・シタロサ...  ツアーのタイトルが『ラ・ムジカ・デル・アグア』(水の音楽)ということで、自身のレーベルから出版している今は亡き作曲家たちの作品なども交え、川の流域で生まれた澄んだハーモニーを、鮮やかな運指と思いを籠った歌唱で自らのスタイルへと引き寄せて快演。「Orillania」収録のブラジル・ショーロ的な佳曲"Caracol"、日本の友人へ捧げた"Hiroshi"、 大平原に根を張ったような左手の力強いリズムが聴かれるピアノだけでなく、柔らかな音色のギターを手に歌われた「Crema」の"Los tres deseos de siempre"、 伊藤ゴローさんをゲストに迎えた"Pasarero"、ラストのインプロヴィゼーションまで惹き寄せられっぱなし、またひとつ心が洗われるような美しい音楽体験をさせていただきました。

    終演後には絶版となってしまっている譜面集にサインをいただいたのですが、見せる笑顔はひとを幸せにする力に溢れていて、思わず写真を撮った、というサイン会の列に並んでいたお客さんから道端で写真を頂戴しました。会場で販売を開始したCarlos Aguirre Grupo 「Rojo」と「Violeta」、既にアルゼンチン盤が入手不可となっているこの2タイトルもツアー終了後に国内盤が入荷してきます。そちらもお楽しみに。

     

    1/15(月) 福岡ROOMS 20:00- と 1/21(日)山形文翔館 14:00- の2公演はまだお席がとれるようですので、お近くの方、東京公演を見逃してしまった方、この機会にぜひ。

    詳細は→主催・インパートメントのツアー特設ページ

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.18 Thursday
      • -
      • 16:19
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

      ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

      東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


      WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて


      ★「21世紀ブラジル音楽ガイド」出版記念パーティー@小田原 cafe ももすけ

      2018年10月8日(月・祝) 14:00〜18:00
      good music and life. cafe ももすけ
      (〒2500011 神奈川県 小田原市栄町1-17-31) 
      【DJ】
      中原仁 (J-Wave Saude!Saudade...)
      伊藤亮介(大洋レコード)
      江利川侑介(diskunion)
      宿口豪(Blen)
      【Charge】1,000円+Drink
      「21世紀ブラジル音楽ガイド」掲載のディスクの中から、執筆陣それぞれがオススメする、思い入れのあるディスクの曲をかける、選曲会スタイルです。もちろん当日は、本の即売も!多彩なセレクターがプッシュするブラジル音楽を聴きながら楽しいひとときをお過ごしください。


      [国内盤リリースのご案内]


      FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


      TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


      PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

      好評販売中!


      ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

      販売中!


      [記事掲載のご案内]


      体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

      「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



      女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


      5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


      2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


      ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


      NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


      * 店舗営業日カレンダー

      い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

      03-3235-8825

      スマホ版

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        伊藤亮介
      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        立野 BUN 博一
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        伊藤亮介
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        伊藤亮介
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        sknys
      • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        太田和夫

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1606 最後に更新した日:2018/10/18

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM