フリー・ジャズの要素を多分に含んだコンテンポラリー・フォルクローレ + チェロのマエストロ - アントニオ・メネーゼスとアンドレ・メマーリ(p)のクラシカルなデュオ作

0

    *今週の日曜日(3日)は第一日曜で店休をいただきます。その他12月の店舗営業スケジュールを左のサイド・バーに表記しておりますのでご確認ください。

     

    いよいよ12月ということで、冬支度も整わずに混沌としたまま師走に突入してしまいました。今朝は下の子が通う保育園の発表会、各クラスの工夫を凝らした演劇を観覧したわけですが、脚本、演出、配役、保育士の方々のプロフェッショナルなプロデュースに感服いたしました。年齢混合の出し物でダンス・ステップを踏んでいたユーモラスな倅の姿が脳裏に刻み込まれる一方、定番ものに頼らない選曲の素晴らしい先生もいらっしゃったり、くすっとした笑いあり、日々の成果も勿論垣間見え、子どもも頑張っているんだから親父もしっかりこころざしを保たなければと奮い立つ冬の朝。満員電車級にギュウ詰めなビデオ席の端で、私は激しく汗を滴らせた次第です。寒いからと言っても手拭い、タオルは忘れてはなりません。

     

    フリー・ジャズの要素を多分に含んだコンテンポラリー・フォルクローレ

    ブエノス・アイレス郊外のモロンにある音楽院でギターを教えるほか、フアン・ファルー、ウーゴ・ファットルーソ、シルビア・イリオンド、多くのアーチストのサイド・マンとして作品やショーで、ギター、ピアノ、アコーディオンをプレイしてきたマルチ奏者、グスタボ・ナスティ。自身としては6作目、グループとしては初となるアルバムでは、ミロンガ、カンドンベ、ムルガ、フォルクローレのルーツ・リズムを基盤に、ルイス・コンデ(cl)、バルデマール・ガリン(vln)、セルマール・ガリン(drs) らと想像力を掻き立てるコンテンポラリーなミニマム・チェンバー・アンサンブルを展開。時にプログレッシヴさを感じさせる展開のインストゥルメンタル楽曲は、チャンチョ・ア・クエルダ勢とも通じるものがあり、m-3"Baile de los morenos"ではウーゴ・ファットルーソ(vo、acc)が参加、m-8"Voy creciendo" では女性シンガー、ソエマ・モンテネグロがドラマティックに客演。

    GUSTAVO NASUTI GRUPO / TODOS LOS TIEMPOS AHORA(アルゼンチン直輸入盤CD 2,352円+税)

     

    チェロのマエストロ - アントニオ・メネーゼスとアンドレ・メマーリ(p)のクラシカルなデュオ作

    '57年ブラジルはレシーフェの生まれで、'77年ミュンヘン国際音楽コンクール、'82年チャイコフスキー国際コンクールでそれぞれ優勝。ベルリン・フィルをはじめ、N響とも共演の経験を持つ世界的なチェロ奏者がアントニオ・メネーゼス。一方、サンパウロに自身のスタジオとレーベルを持ち、ジャズからブラジル音楽に到るまで日々新たなハーモニーを発信し続けるコンテンポラリーなシーンに欠かせない存在となったアンドレ・メマーリ。このふたりの共演作が興味深いコンサート企画で魅了する文化機関SESC(セスキ)から発表されました。バッハのカンタータに始まり、メマーリの作品をメドレー仕立てにしたもの、ジョビン"Sem Você"に、アルベルト・スナヒテラ"Pampeana No.2"、アストル・ピアソラ"Le Grand Tango"、とアルゼンチンの作曲家のものまで、クラシックの世界と南米ポピュラー音楽を分け隔てなく体現する、60歳と40歳、ふたりのA.M.。デジパック仕様のジャケットにはエンボス加工。ある程度の音量でお愉しみいただければ、このふたりの凄さがより伝わると思います。

    ANTONIO MENESES, ANDRÉ MEHMARI / AM60 AM40 (ブラジル輸入盤CD 2,204円+税)


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.22 Tuesday
      • -
      • 16:04
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

      ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

      東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


      WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



      [イベントのお知らせ]


      2018/5/26 Sat. 夜「薫フェス」Bar Blen Blen Blen 友情ライヴ出演


      2018/5/30 Wed. 夜「Bar Music 8周年前夜祭だよワールド・ミュージック・バイヤー集合の2018年上半期ベスト大会」 [DJ]伊藤 亮介(大洋レコード)・江利川 侑介(disk union)・花田 勝暁(月刊Latina)


      2018/6/17 Sun. 夕方「小田原 good life and music cafe ももすけ」トーク&ライヴで参加します。共演:Canto、高橋雅人(FM小田原)、ナオラーダ、詳細は後日。



      [国内盤リリースのご案内]


      FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) ご予約受付中!


      TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


      PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

      好評販売中!


      ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

      販売中!


      [記事掲載のご案内]


      女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


      5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


      2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


      ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


      NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


      * 店舗営業日カレンダー

      い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

      03-3235-8825

      スマホ版

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        伊藤亮介
      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        立野 BUN 博一
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        伊藤亮介
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        伊藤亮介
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        sknys
      • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        太田和夫

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1546 最後に更新した日:2018/05/22

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM