ギンガの弦楽四重奏との作品+ギター奏者がボサ・ノヴァからコンテンポラリー・ジャズまで駆け抜けるインスト作+イベント遠景

0

    *明日の水曜日は定休日となります。

    去る日曜日はバー・ノースマリンドライブ店主のヒガシノリュウイチロウさんにお招きいただいて、デュオ〜ソロ〜トリオ〜最後にはクアルテートで計13曲、たっぷり演奏させていただいてまいりました。ベース奏者三重野徹朗に写真を撮ってもらったので彼は写ってませんが、いくつか。

     

    オトノマドさんも含めて自営の者たちが集まりましたので、いろいろ商いにまつわる話もさせていただきました。ノースマリンドライブで出しているハイボールは、VAT69というウイスキーをベースにしているのですが、なぜVATなのか。その答えは、ブラジル音楽ファンにとってロマンのあるストーリー。マスター・ヒガシノさんにぜひ聞いてみて下さい。

     

    巷では「モノを売るな、体験やストーリーを売るべし」とコンサルタントされますが、まさにこれですね。音楽イベントというのも二度とないその場限りの「ライヴ」だと思いますので、再び意欲が漲った機会にでも企画・ご提供させていただければと思います。

     

    1962年サンパウロ出身のギター奏者ルイス・ヴァアキは劇伴からキャリアを築き、最近再結成を果たしたイタマール・アスンサォンのバックバンド - イスカ・ヂ・ポリシアにも在籍、マリーザ・モンチやトン・ゼーのバックに女性シンガー - クリス・アフラーロやヒタ・ハメーとの子供向けアルバムの制作など充実したキャリアを誇る音楽家。30年の間に書き溜めたオリジナル・コンポーズをインストゥルメンタル仕立てで収録したのが本作。フルート奏者ウバウド・ヴェルソラートを従えた冒頭"Abra os caminhos"や、アレシャンドリ・ヒベイロのクラリネットとのm-6"Nina"、クアルテート編成のm-9"Um sinal"など洗練されたインスト・ボサ・ノヴァをメインにした好盤。ピアノにベンジャミン・タウブキン、チェロにマリオ・マンガを迎えて深遠なコンテンポラリー・ジャズを繰り広げるm-4"Chove em Hong Kong"などの局面や、突然のジャズ・ファンクm-5"Não vai batizar?"、ハーモニカ奏者を迎えてのタンゴ・ミロンガm-8"Caminito a Copacabana"など遊び心にも富んだ雄弁なインスト作でもあります。

    LUIZ WAACK / ABRA OS CAMINHOS(ブラジル直輸入盤CD 2,056円+税)

     

     

    複雑なヴォイシングをトロリと溶かすようなギンガのギター、素朴ながらオペラティックにも聞こえる唄声。音楽通を唸らせるブラジルの偉大な音楽家のひとりであり歯科技工士という別の顔も持つ存在。そのギンガの新作は、弦楽四重奏楽団クアルテート・カルロス・ゴメスとの共演盤。10年前にヴィラ=ロボスへのオマージュを捧げた作品を発表していますが、そこからのリメイクもパウロ・アラガォンのアレンジでメドレー仕立てにして収録。"Tom e Vinicius"、"Domingo de Nazareth"、女性シンガー-カリーニ・アギアールに提供した"Chapliniana"、クラシックとブラジルのポピュラー音楽、これらの融合を図るギンガならではの絢爛で優美な世界観がハーモニーとなってゆったりと溢れ出します。

    GUINGA + QUARTETO CARLOS GOMES / AVENIDA ATLÂNTICA (ブラジル輸入盤CD 1,944円+税)


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.22 Tuesday
      • -
      • 14:40
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

      ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

      東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


      WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



      [イベントのお知らせ]


      2018/5/26 Sat. 夜「薫フェス」Bar Blen Blen Blen 友情ライヴ出演


      2018/5/30 Wed. 夜「Bar Music 8周年前夜祭だよワールド・ミュージック・バイヤー集合の2018年上半期ベスト大会」 [DJ]伊藤 亮介(大洋レコード)・江利川 侑介(disk union)・花田 勝暁(月刊Latina)


      2018/6/17 Sun. 夕方「小田原 good life and music cafe ももすけ」トーク&ライヴで参加します。共演:Canto、高橋雅人(FM小田原)、ナオラーダ、詳細は後日。



      [国内盤リリースのご案内]


      FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) ご予約受付中!


      TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


      PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

      好評販売中!


      ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

      販売中!


      [記事掲載のご案内]


      女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


      5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


      2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


      ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


      NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


      * 店舗営業日カレンダー

      い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

      03-3235-8825

      スマホ版

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        伊藤亮介
      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        立野 BUN 博一
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        伊藤亮介
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        伊藤亮介
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        sknys
      • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        太田和夫

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1546 最後に更新した日:2018/05/22

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM