ディエゴ・スキッシが賛辞を送る若い才覚、マティアス・マルティーノ(p)のトリオによるサルガン集。

0

    今日はかつての暗黒・横浜が作った仮想悪役キャラ、ブラックホッシーのTシャツを着ています。ラーメン屋さんの店主風です。理由はYahooスポーツに聞いてください。ブラックホッシーは燕を焼きとりにしたり、鯉を焼き魚にしてしまうわるいやつです。虎はどうしてたんだっけか。いや、敵は必ずや己のなかにあるはず。綴る続くドラマ、得意技は流星ジャンプ!

     

    気を取り直して音楽に向かい合います。

     

    タンゴの作曲家として広く名を残したオラシオ・サルガン(1916-2016)。自身も楽団を率いたサルガンはピアノ奏者としても優れており、生涯400もの楽曲を作曲、または編曲したといいます。1985年コルドバの出身で、9歳のときからピアノ演奏を始め、ブエノス・アイレスに上京後、イルダ・エレラに師事。ギターとピアノのデュオ - マルティーノ=アルセでコスキンを始めとする賞の栄誉に輝いたほか、中東や欧州もツアー、ベネズエラの大御所シンガー、セシリア・トッドのピアノ奏者としても活躍するこのマティアス・マルティーノが、サルガン生誕100年を記念したショーを元に、フアン・パブロ・ナバロ(b / ディエゴ・スキッシ・キンテート)、マリアノ・カンテーロ(drs,per / アカ・セカ・トリオ)とのトリオ編成にてスタジオで編み上げたのが本作。

    MATÍAS MARTINO TRÍO / EL OTRO SALGÁN (アルゼンチン直輸入盤CD 2,324円+税)

    優雅でハイソな音使いの中にキラリと光る鮮やかなグリッサンド。戦前の30年代から活躍した作曲家の作品とは思えないほどに、モダンで繊細なヴォイシングを纏い、かたちを変えたテクスチャー。コンテンポラリー・ジャズの手法で洗練された"Cuenta la zamba, Que un dia..."や"La poesia de la zamba" など、タンゴ作家として知られるサルガンが遺したフォルクローレ曲にスポットを当て、例えばm-4"Aire de vidalita"ではフアン・パブロ・ナバロによるベースの弓弾きと共にマリアノ・カンテーロがグロッケンシュピエールをプレイ、まるで欧州映画のサントラの如きムーディーなサロン音楽と仕立てています。フォルクローレ・リズムのガトである"Ay, Tirana"やクエッカの"Para qué"はオラシオ・サルガンのクレジットがありませんが、これらは生前にピアノ用にサルガンが編曲を施したフォルクローレ曲。同じく古典タンゴの"Por la vuelta" "Boedo"の二曲も併せ、サルガンの編曲のなかに前衛的なエッセンスを見出し、いたるところにシネマティックな場面を投影する稀有な作品。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.06.19 Tuesday
      • -
      • 18:23
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

      ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

      東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


      WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



      [イベントのお知らせ]


      下記トーク・イベントの幕前(開始前)にて、久々に球団歌に纏わるプチ・弾き語りパフォーマンスを行わせていただきます。

      2018.6.25 mon 横浜 O-Site  『横浜に入る悦び15〜特別ゲストと語り合うベイスターズ今昔』伊藤は開演前の19:10頃出演予定

      吉川正洋(芸人・ダーリンハニー)/ サンキュータツオ(芸人・米粒写経)/ 春日太一(映画史・時代劇研究家)/ 村瀬秀信(ライター「4522敗の記憶」)/+ゲスト / エレクトーン : 重田さん


      2018/8/5 Sun. 午後「大洋レコード13周年記念パーティー」テラスで音楽とワインとカレーの会を催します。Unplugged GIGs : 瀬戸信行(cl)・大久保かおり(bdn) dúo / ryosuke itoh e shiho (vo,g & flute) 協力:ひのや(酒類卸) / トザワシュンジ(インドカレー)



      [国内盤リリースのご案内]


      FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


      TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


      PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

      好評販売中!


      ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

      販売中!


      [記事掲載のご案内]


      女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


      5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


      2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


      ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


      NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


      * 店舗営業日カレンダー

      い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

      03-3235-8825

      スマホ版

      selected entries

      archives

      recent comment

      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        伊藤亮介
      • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
        立野 BUN 博一
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        伊藤亮介
      • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
        Kazuo Ota
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        伊藤亮介
      • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
        sknys
      • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        伊藤亮介
      • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
        太田和夫

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1561 最後に更新した日:2018/06/19

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM