夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜

0
    明日の12日(水)から次の水曜日の19日まで大洋レコードは夏期休業をいただきます。この一週間は店舗は仕舞っており、web通販の発送、お問い合わせへの返答など遅れますのでご容赦下さい。気まぐれに広報レポートは更新するかも知れません。重要なリリース/ツアーの発表が控えています。尚、休みの真ん中の16日(日) 18時に先日の記事にてご紹介致しました緊急特別企画ライヴ「昭和の歌謡とロック」at 渋谷 ノースマリンドライブ (東急ハンズの向かいを裏に入った処にあるバーです)もございます。このお盆休み、東京にいらっしゃる方は是非是非お越し下さい。音楽好きの方すべてが清涼なお酒を嗜みながら楽しめる好イベントにしたいと思っております。

    皆さまも良い盛夏をお過ごし下さい。

    ECMからのリリース実績もあるブラジルの室内楽ギター楽団ークアテルナーリア。今回もブラジル音楽のルーツ・リズムとクラシカルな室内楽、コンテンポラリー・ジャズの和声術を融合した厳かで美しい音色が響き合います。

    QUARTERNAGLIA / XANGO (ブラジル直輸入盤 2,713円+税)

    6弦クラシック・ギター3本に7弦が1本、4人ともセルジオ・アブレウ製の楽器を用います。ブラジル国外での演奏実績も豊富でハバナで行なわれたギター・コンテストでは賞にも輝いているこのグループの新作は、20世紀後半の重要なクラシックのコンポーザー、アルメイダ・プラドがピアノ向けに書いた曲からタイトルが付けられています。ヨルバ族によってもたらされたアフロ・ブラジル文化の地域信仰神のひとつ、シャンゴーの名を被せられたm-2 "Variacoes sobre o tema de xango" は様々な感情の起伏を描き出した佳曲で、作家マリオ・ヂ・アンドラーヂもかつてエッセイの題材に採り上げています。近年のコンポーザーであるホナウド・ミランダがやはりソロ・ピアノ向けに書いた曲を編曲したりもしていますが、場面によっては奥行きのあるギターの残響がピアノの音色のように聴こえるときもあり、ギター四重奏の可能性を際限なく追求するこのグループの意趣が慮られます。本作から7年在籍したジョアン・ルイスが脱退しているのですが、その彼が残したヴィラ-ロボス "Choro N.5"のアレンジやm-9 ~ m-11の自作曲のクラシカルかつ研ぎすまされた表情、パウロ・ベリナッチ作m-12"Maracatu da pipa" の打弦・打胴でリズムを演出する技、さまざまなE.ジスモンチ曲の引用をしながら美しいハーモニーをひとつの曲中に凝縮したm-8"Sobre um tema de Gismonti"、変わったところではS.S.W.のセルジオ・モリーナがイタマール・アスンサォンの遺した未発表歌詞に曲を付けたもののインスト・カヴァーm-7 "Cancao sem fim" なども。

    TV番組でのライヴ。5分30秒から。23分過ぎにも再登場します。



     

    コメント
    昨年彼らのコンサートに行きましたけど、4人のギターが当たり前のことでしょうけどぴったり揃い、すばらしかったです。ブラジルではクラシックギターの演奏を聴く機会は多いけど、彼らの演奏を生で聴けて、本当に感動しました。8月末にもまた演奏会があります。
    太田さん、いつも貴重な現地情報をありがとうございます。確かに彼らの演奏は間近でみたいと思わせるものですよね。クラシカルな音楽を再現するだけに留まらず、ブラジル音楽の連綿と連なる伝統をモダンな音構成の中にしっかりと織り込んだロジカルな表現、ぜひ会場の臨場感と共に生音 or コンデンサーマイクの集音で聴いてみたいものです。
    8月末のチケットを最前列中央で手にしているのですが、会場が800人収容と大きいので、9月はじめにある300人収容の会場のほうに行こうと思っています。そちらのほうが観客席からの雑音が少ないと思いますので。会場を間違うと、失望することも時々あります。彼らの演奏は、観客の質が高いほうがいいでしょうし。
    コメントする








       

    大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

    ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

    東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


    WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



    [イベントのお知らせ]


    「TOMI LEBRERO JAPAN TOUR 2017」

    ブエノス・アイレス出身のバンドネオン奏者/シンガー・ソングライター、トミ・レブレロ2年ぶり5度目のジャパン・ツアー、人柄が滲む独創的なパフォーマンスは必見!

    2017年9月23日(土)<京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園>

    2017年9月28日(木) 姫路 HUMMOCK CAFE

    2017年9月29日(金)神戸 ボナルーカフェ

    2017年10月1日(日)大阪 シェ・ドゥーブル

    2017年10月7日(土)名古屋 CAFE DUFI with narco

    2017年10月8日(日)神楽坂 毘沙門天善国寺書院 with ryosuke itoh e shiho ご予約は03-3235-8825

    2017年10月12日 (木) 山形市もみじ公園清風荘 やまがた創造都市国際会議エキシビジョン・コンサート



    サンパウロからダニとデボラ母娘を主体にしたDDG4、今年はwith ノーヴォス・コンポジトーレス名義で来日します。詳細は→

    2017年9月27日(水) 19:00~ ト・ブランジリオーニ ソロライブ 第一部のトークショー「サンパウロ、音楽の魅力」に伊藤が参加します。

    鎌倉 cafe vivement dimanche ご予約は0467-23-9952



    [国内盤リリースのご案内]


    JULIAN MOURIN, SOFIA URRUTI - CANCIONES KALIMBA (TAIYO0030 2017.6.11 release)



    ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)


    好評販売中!


    [web記事掲載のご案内]

    ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


    * 店舗営業日カレンダー

    い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。 今月はトミ・レブレロ東京公演開催のため8(日) ~ 9(月・祝)をお休みします。

    03-3235-8825

    スマホ版

    [広告]

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
      伊藤亮介
    • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
      立野 BUN 博一
    • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
      Kazuo Ota
    • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
      伊藤亮介
    • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
      Kazuo Ota
    • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
      伊藤亮介
    • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
      sknys
    • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
      伊藤亮介
    • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
      伊藤亮介
    • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
      太田和夫

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1462 最後に更新した日:2017/10/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM