エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート

0
    * 6/7 sun は第一日曜のため神楽坂の店舗はお休みをいただきます。
    * 広報レポートという名の本ショップ・ブログですが、サーバー側のサービス終了に伴い、開店10周年となる6/25付近を目処にアドレス・記事の移転を予定しております。追ってご案内を差し上げます。

    以下のサンバの作品が再入荷となっています。
    [再入荷]
    Casuarina / No Passo de Caymmi
    Arlindo Cruz / Sambista Perfeito


    というわけで新譜紹介はサンバ、そしてボサ・ノヴァの愛好者からも絶大な支持を受ける女性S.S.W.から。

    ヴィオロニスタ(生ギター奏者)から、自作自演歌手へと華麗な転身を遂げたアントニア・アヂネーの3rd アルバムが届きました。晩年のジョビンのギタリストとしても活躍した実父マリオ・アヂネーと共に作り上げた管入りのスウィングするサンバ・ジャズのアレンジで、40's ~ 50's のオールド・サンバやブラジルに輸入されたジャズ・スタンダードをフレッシュに快演。

    ANTONIA ADNET & convidados / Tem + BOOGIE WOOGIE no SAMBA(ブラジル輸入盤 2,204円+税)

    エレガントに花香る、可憐な唄声と確かなギターでいままでの作品も好評のアントニア・アヂネーが、同世代のサンビスタたちと協議して選びぬいた珠玉のオールド・レパートリーを洗練のアレンジで。冒頭から"Chicleta com banana"、そしてm-2"Eu quero um samba"、m-4"Conversa de samba"と良く知られたサンバ・クラシコに、シロ・モンテイロによってサンバと融合した北米産スウィング・スタイルの典型 m-7 "Boogie woogie na favela"。オス・カリオカスが採り上げて、ジョアン・ジルベルトもレパートリーにするハロルド・バルボーザ作のm-8"Tim por tintim"やm-9"Pra que discutir com madame"にm-12"Adeus America" は先達に倣って気品漂うボサ・ノヴァのスタイルで解釈。アントニアのヴォーカルとギターも然ることながら、さりげなくジャズのノートで弾き上げるマルコス・ニムリシュテール(p)やエドゥアルド・ネヴィス(ts) をはじめとする管、ジョルジ・エウデル(b) 、アルマンド・マルサル(per)...名の知れた名プレイヤーばかりがバックを固め、アントニアが後ろを務めていたホベルタ・サー、アルフレド・デル・ペーニョ、ジョアン・カヴァルカンチ(カズアリーナ)、ペドロ・ミランダ、ペドロ・パウラ・マルタらアントニアと同世代のサンバ・シンガーたちと和気藹々とパートを分け合い歌う様は、音から笑顔が溢れ出るかのように祝祭感に包まれています。


    本日はもう一枚。


    V.A. / SAMBA SOCIAL CLUBE 6 - UMA HOMAGEM A CHICO BUARQUE(ブラジル輸入盤 2,204円+税)

    シコ・ブアルキの70歳を記念して、リオ・デ・ジャネイロのフンヂサォン・プログレッソで二夜に渡り行なわれたコンサートの実況録音盤。ホジェリオ・カエターノ(7弦g) やエドゥアルド・ネヴィス(flute,sax) らのバンドに、一流サンビスタたちが出演、"Sem Compromisso" や"Quem te viu, Quem te ve"から"Piano na mangueira"、"Morena de Angola" まで、シコの名曲を歌って行きます。

    1. Sem Compromisso - Zeca Pagodinho
    2. Gota D'Agua - Beth Carvalho
    3. Apesar de Voce - Pericles
    4. A Rosa - Roberta Sa
    5. Homanagem Ao Malandro - Martinho da Vila
    6. Vai Levando - Fundo de Quintal
    7. Quem Te Viu Quem Te Ve - Xande de Pilares
    8. Samba do Grande Amor - Mariene de Castro
    9. Deixa Solto - Sombrinha e Hamilton de Holanda
    10. Meu Caro Amigo - Jorge Aragao
    11. Piano na Mangueira - Reinaldo, O Principe do Pagode
    12. Sonho de Um Carnaval - Leci Brandao
    13. Vai Trabalhar. Vagabundo - Dudu Nobre
    14. Morena de Angola - Arlindo Cruz




    コメント
    ANTONIA ADNETさんは、Rioのほうで活動しているから近況は知りませんでした。2010年頃にRoberta Saのショーに参加していましたので見たことがあります。また、一度その頃にソロのショーを観た事があります。また、父親のショーも一年に一度の頻度でありますので、それに参加しているので観た事がありますが、このアルバムのように美しくなっているとは!機会があればぜひショーの観てみたい。
    ANTONIA さん、可憐な美声とギターで着実に人気を高めています!前作を買われて、とリピートの御来店いただくお客様もいらっしゃいます。
    コメントする








       

    大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

    ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

    東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


    WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



    [イベントのお知らせ]


    「大洋レコード12周年企画 フリアン・モウリン”と”ジャパン・ツアー 2017」


    おかげさまで6月25日を持ちまして大洋レコード神楽坂店舗は開業12周年を迎えます。これを記念して、ブエノス・アイレスのシンガー・ソングライターJULIAN MOURINを招聘、輸入盤販売業の傍ら自作自演も行う大洋レコード・伊藤と全国をGIGs。


    6/21(水) 高円寺ドギーブギー

    6/23(金) 岡山Kamp

    6/24(土) 神戸ボナルーカフェ

    6/25(日) 大阪シェドゥーブル

    6/27(火) 名古屋CAFE DUFI

    6/29((木) 神楽坂フラスコ

    7/1 (日) 札幌アンタップド・ホステル別館


    *6/21高円寺に伊藤は出演しません

    「大洋レコード12周年企画 JULIAN MOURIN と JAPAN TOUR 2017 東京・神楽坂公演」

    2017.6.29 thursday 神楽坂フラスコ

    東京都新宿区神楽坂6-16

    GIGs : Julian Mourin / ryosuke itoh e shiho 

    開場 18:30 / 開演 19:00

    予約 3,000円 / 当日 3.500円(共にドリンク別、ご帯同のお子様は無料)

    主催:(有)大洋レコード 協力:酒類卸 (株)ひのや、(株)ラティーナ

    大洋レコードHPご予約フォーム→ ☆ 6/29神楽坂フラスコのご予約フォームはこちら ☆

    [国内盤リリースのご案内]


    JULIAN MOURIN, SOFIA URRUTI - CANCIONES KALIMBA (TAIYO0030 2017.6.11 release)



    ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)


    ご予約受付中!


    [web記事掲載のご案内]

    ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


    * 店舗営業日カレンダー

    い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜・今月はツアーのため6/18 ~ 7/2 までお休みが多くなります。フリアン共々、各地でお会い出来ることを願っています。

    03-3235-8825

    スマホ版

    [広告]

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
      伊藤亮介
    • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
      立野 BUN 博一
    • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
      Kazuo Ota
    • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
      伊藤亮介
    • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
      Kazuo Ota
    • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
      伊藤亮介
    • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
      sknys
    • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
      伊藤亮介
    • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
      伊藤亮介
    • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
      太田和夫

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1419 最後に更新した日:2017/06/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM