オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作

0
    はじめて聴いた時には、その昔に良盤漁りをしていた60年代後期~70年代中期のU.S.シンガー・ソングライターものと同じ匂い - 土臭くもはっきりとアーチストの崇高な美意識が感じられる作品だなと感じました。南米ブラジルはミナス・ジェライス州ウベラバでウルグアイ人の父親から生を受け、最後はバイーア州サルヴァドールで'12年に生涯を閉じた、シンガー・ソングライター - デルシオ・マルケス。ブラジル人としては初めてアタウアルパ・ユパンキの詩作に楽曲を付けたり、特定のブラジル・ルーツ音楽だけに囚われることなく、ラテン・アメリカ圏、そしてブラジル中を研究した結果に遺されたアーシーで人情に厚いハーモニーと吟遊詩人としてのことば。サンパウロのオーガニック系女性S.S.W./マルチ奏者 カチヤ・テイシェイラが旗ふりとなって行なわれたデルシオ・ マルケス・トリビュート企画の集大成となるCD作品。


    V.A. / DANDO Circuito de Musica Dercio Marques - UM CANTO EM CADA CANTO DO BRASIL(ブラジル直輸入盤 2,750円+税)

    '13年には5つの州の7都市で、'14年には23都市に拡大して70ものショーが行なわれたブラジルの吟遊詩人デルシオ・マルケス・トリビュート "ダンド"。ここに参加するのはその広がりを物語るように、ムジカ・カイピーラを中心にシランダ、バイーアォンやガフィエイラ・サンバに至るまでブラジル・フォーク大全。冒頭のデルシオ本人によるメドレー形式にはじまり、サンバにこだわったソロ作が秘かな人気を誇るアナ・パウラ・ダ・シルヴァのm-5"Canto Negro" や、故デルシオ・マルケスがコーラスで参加するフェルナンド・ギマランイスのトラックm-8"Passaro Preto"、朗らかなバイーアォンで花を手向けるヴァルギラ・マリアのm-9"Menino Canario"、ミナス・ジェライスの民謡で子供向け企画によく採録されているm-10"Pontos de Capitao" 、隣国のチャカレーラに通じるリズムにハベッカとコーラスを携えた澄んだ叙情のハーモニー m-14"Vem Comigo" は企画の主導者カチヤ・テイシェイラによるもの。自然と調和のとれたプリミティヴなブラジルのフォーク・ミュージックは、豊かな倍音で音楽本来のあるべき姿を思い起こさせてくれます。








    コメント
    このアルバムの中心人物であるKatya Teixeiraの大ファンなので、かなりの頻度でショーは観ています。昨年はたぶん5回。今年は、まだ1回で、先月行きました。音楽の傾向から、どうしても地方回りが多くて、当地での公演はそれほど多くありません。彼女の音楽を理解するためには、カトリックの知識が必要です。日本でも、このようなMusica Caipiraに関心を持つ人が増えると良いなと思います。取り上げていただいて、うれしいです。ありがとうございます。
    太田様 こんにちは。ロックからムジカ・カイピーラまで、ショーを沢山観れて羨ましいかぎりです。日本ですとまだまだ馴染みは薄いのですが、米国のオーガニックなS.S.W.などにも通じるプリミティヴな風合いを手がかりに聴く人が増えれば良いな、と私も思います。
    コメントする








       

    大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

    ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

    東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


    WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



    [イベントのお知らせ]


    「大洋レコード12周年企画 フリアン・モウリン”と”ジャパン・ツアー 2017」


    おかげさまで6月25日を持ちまして大洋レコード神楽坂店舗は開業12周年を迎えます。これを記念して、ブエノス・アイレスのシンガー・ソングライターJULIAN MOURINを招聘、輸入盤販売業の傍ら自作自演も行う大洋レコード・伊藤と全国をGIGs。


    6/21(水) 高円寺ドギーブギー

    6/23(金) 岡山Kamp

    6/24(土) 神戸ボナルーカフェ

    6/25(日) 大阪シェドゥーブル

    6/27(火) 名古屋CAFE DUFI

    6/29((木) 神楽坂フラスコ

    7/1 (日) 札幌アンタップド・ホステル別館


    *6/21高円寺に伊藤は出演しません

    「大洋レコード12周年企画 JULIAN MOURIN と JAPAN TOUR 2017 東京・神楽坂公演」

    2017.6.29 thursday 神楽坂フラスコ

    東京都新宿区神楽坂6-16

    GIGs : Julian Mourin / ryosuke itoh e shiho 

    開場 18:30 / 開演 19:00

    予約 3,000円 / 当日 3.500円(共にドリンク別、ご帯同のお子様は無料)

    主催:(有)大洋レコード 協力:酒類卸 (株)ひのや、(株)ラティーナ

    大洋レコードHPご予約フォーム→ ☆ 6/29神楽坂フラスコのご予約フォームはこちら ☆

    [国内盤リリースのご案内]


    JULIAN MOURIN, SOFIA URRUTI - CANCIONES KALIMBA (TAIYO0030 2017.6.11 release)



    ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)


    ご予約受付中!


    [web記事掲載のご案内]

    ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


    * 店舗営業日カレンダー

    い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜・今月はツアーのため6/18 ~ 7/2 までお休みが多くなります。フリアン共々、各地でお会い出来ることを願っています。

    03-3235-8825

    スマホ版

    [広告]

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
      伊藤亮介
    • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
      立野 BUN 博一
    • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
      Kazuo Ota
    • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
      伊藤亮介
    • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
      Kazuo Ota
    • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
      伊藤亮介
    • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
      sknys
    • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
      伊藤亮介
    • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
      伊藤亮介
    • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
      太田和夫

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1419 最後に更新した日:2017/06/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM