パタゴニア北部の荒涼とした風を思わせる新世代のフォルクローレS.S.W. ニコ・シマリ

0

    *明日の水曜日は定休日です

    日々見つめるプロ野球パック、時には現地。浮かれないように、浮かれないようにと律してますが、急遽抜擢された先発投手陣の奮闘、強力クリンナップの復調、恐怖の9番打者に盗塁のできるトップ・バッター、遊撃手の華麗なプレイ.. 思わず顔も綻ぶというものです。昨年は雨天中止となってしまった飯塚投手(日本文理高)の新潟凱旋登板日、と同時に新潟出身であることを必要以上に誇示する家内の誕生日でもある今日。残っている紹介しそびれた新譜をアップします。今はちょうど入荷の谷間にあたる時期ですが、来週末からのG.W.には掘り出し品のセール的なことをやれればと企画を準備していますし、間もなく次期国内盤新譜(6/5発売予定)の詳細も発表できる見込みです。

     

    パタゴニア北部の荒涼とした風を思わせる新世代のフォルクローレS.S.W. ニコ・シマリ
    アルゼンチンはリオ・ネグロ州、アンデス山脈に囲まれた湖のほとりに広がる街がバリローチェ。この地で生まれ、アベジャネダ音楽院でコントラバスからギターの素養を、マヌエル・デ・ファジャの研究所で作曲を学び、アルマ・ヌーというバンドでの活動を経て、ソロのS.S.W.として活動。フォルクローレのルーツ・リズムと川沿い音楽を基盤に、国立音楽大学(INAMU)の助成を受けて本1stアルバムを完成させました。友人ミュージシャンであるギジェルモ・オコンノルや、同郷の出身で一緒に南米諸国の文化交流を意図したツアー - ルタ・アンディーノを廻るフアン・ナサルらが全面協力、ハイブリッドな川沿い音楽の情景を醸し出すm-2"Te Verde"やカンドンベのm-3"Candonbe de Casa"にはバンドネオン奏者サンティアゴ・アリアスも参加。そこはかとなく流れるセンシティヴィティが現代のインディー・アーチストであることを思い起こさせたかと思えば、ケーナの音色が山並みを想起させる場面へ移りゆくm-5"Vengo a Darme Cuenta"、穏やかにピアノを奏でるm-6"Las Negras"、アフロと名付けられたスキャットの映える最終曲m-7"Afro"まで、持ちうるエッセンスを全て注ぎ込んだ結果のフレッシュな現在進行形フォルクローレは7インチより少し小さめの特殊パッケージに包まれて。

    NICO SIMARI / VENGO A DARME CUENTA (アルゼンチン直輸入盤CD 特殊パッケージ 1,907円+税)

     

     


    コルドバのギター奏者によるフォルクローレ・トラッド、アフリカ音楽、現代音楽、ジャズまで網羅したインスト作。ジョン・ストーウェル、フアン・ファルー、マリオ・グッソ参加

    0

      *明日の水曜日は定休日で休みます。

       

      下記の新譜ですが、アルゼンチン国内での輸送時に個別包装なしで運送されたゆえに、デジパックのジャケにスレがある可能性がございます。通常のアルゼンチン盤新譜の価格相場より少しお値引きしまして、販売いたします。ご了承ください。

       

      コルドバのギター奏者によるフォルクローレ・トラッド、アフリカ音楽、現代音楽、ジャズまで網羅したインスト作。ジョン・ストーウェル、フアン・ファルー、マリオ・グッソ参加。

      JORGE LUIS REALES / FARALLÓN NEGRO(アルゼンチン直輸入盤CD 2,056円+税)

      冒頭のタイトル・トラックからマリオ・グッソ(per)とのインプロヴィゼーションを絡めたフリー・ジャズのモードに驚かされますが、ニコラス・マッサ(cl)らを召喚してのチェンバーでミステリアスなm-3"Canción para uno"に続いては、開放弦を用いての速いパッセージにロマン・ダニャの叩くウドゥやタブラがアクセントとして効いたアフロ・リズムm-4"Mora"、同じく弛緩した弦を打楽器の響き線のように用いたm-7"Chapitas"などソロ・ギター、そしてアンサンブルの可能性の極限に挑む姿勢が意欲的なオウン・コンポージングの前半。そして米国のジャズ・ギター奏者ジョン・ストーウェルとのデュオ編成でアルベルト・ヒナステラの"Vidala"を解釈したm-8、アルゼンチン北西部カタマルカのセロ・ネグロに伝わるビダーラのトラッドをウアイラ・ブスティージョ(vln)と共にリノベイトしたm-10"Ay poque dios me daria"、フォルクローレのレジェンド、フアン・ファルー(g)がゲスト参加したサ(za)ンバm-11"La tristecita"、そして3つのバイレシートを組曲形式に編んだm-12と、後半は古典フォルクローレをコンテンポラリーに解釈した内容。引き出しの多さを誇るホルヘ・ルイス・レアレスは'86年カタマルカ生まれで、UNCで作曲を学び、コルドバを拠点に活動するギター奏者。ハイメ・トーレスからメリー・ムルアやフェデリコ・アルセイゴル、コルドバ・ジャズ・オーケストラまで豊富な共演経験を持ちますが、本作はコルドバの自治体が主催するコンペティションで最優秀の栄誉に輝き制作されました。


      アルゼンチンを拠点に異なるカテゴリーを股にかけ広く活躍するチェロ奏者のインスト・ソロ作が素晴らしい

      0

        *本日は第2日曜日なので、12:00-19:00 店舗営業しています。

         

        *アルゼンチンを拠点に異なるカテゴリーを股にかけ広く活躍するチェロ奏者のインスト・ソロ作が素晴らしい

         

        ペルーで生まれたのち、アルゼンチンに音楽留学。以来25年に渡り第一線で活動するチェロ奏者のラファエル・デルガード。アルゼンチンの国立交響楽団をはじめとするクラシックのオーケストラ、そしてタンゴ・クアルテートのラ・グレラ、フォルクローレやジャズの方面でも女性S.S.W.ヘオルヒナ・アッサンに、本作にもaccで参加するエルナン・クレスポのグループ。その幾つかでは欧米をツアーした経験ももち、押しも押されぬキャリアを形成してきた音楽家です。初となるソロ名義作では、レアンドロ・カシオーニ(g)、マリオ・グッソ(per)、ビクトリア・ポルティ(flute)らと自身の出生地であるペルーのフォルクローレ様式ランドーや、アルゼンチンの川沿い音楽様式のひとつサ(za)ンバに則った自作や、前述のエルナン・クレスポやパブロ・フラゲーラ(p)らゲストの作品を独自の優美な解釈で共演、チェロの音色を活かしエレガントに洗練されたスモール・コンボのアンサンブルを聴かせてくれるのですが、ハイライトはエグベルト・ジスモンチ作のm-3"Lôro"、そして推力を持ったチェンバー・アレンジに鳥肌が立つパット・メセニー作m-11"Last train home"。

        RAFAEL DELGADO / CHELFIE 1, TERRITORIOS(アルゼンチン直輸入盤CD 2,398円+税)



        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



        [イベントのお知らせ]


        大洋レコード主催のイベントは決まり次第お知らせします




        [国内盤リリースのご案内]


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0032 2018.3.15 release) ご予約受付中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        好評販売中!


        [記事掲載のご案内]

        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        [広告]

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1535 最後に更新した日:2018/04/17

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM