ブラジル北東部の新しい潮流 その3+ 週末・来週の予定 + TAIYO 0031 発売情報

0

    [新譜案内その1]

    ピアノの弾き語りを軸に据えたゼー・マノエウの登場、そしてジュリアーノ・オランダがプロデュースした女性シンガー - イザドラ・メロの傑作。リズム推しと泥臭いブルーズ感が特徴的だったブラジル北東部音楽の印象を変えるここ最近の新鮮な流れにまたひとつ注目の作品。

    ALMÉRIO / DESEMPENA (ブラジル直輸入盤CD 1,824円+税)

    ペルナンブーコ州アルチーニョで生まれた36歳のシンガー - アルメーリオの二作目は、コンポージングや楽曲提供に自演、プロデュースとマルチな才覚を発揮するジュリアーノ・オランダのプロデュースでナチューラ・ムジカルの協賛を得て制作されたもの。アート・ワークからも察せられる通り、ネイ・マトグロッソに端を発し、最近だとフィリーピ・カットー、舞踏家でもあるリネケールらオネエ系、中性的な系譜に身を連ねるシンガーです。自作楽曲に、プロデューサーのジュリアーノ・オランダの作品、そしてイザベラ・モライス m-4"Segredo" やマルチンスら周りの音楽仲間たちの作品も採り上げて、言葉に重きを置いたパフォーマンスにファルセット・ヴォイス、そしてザブンバやピファーノといった北東部特有の楽器を奥底のアイディンティティとして用いた、エッヂの効いたアコースティックなプロダクションが施されており、クオリティは非常に高いものがあります。中でも奥行きをもたらすフィリッピ・モレイラ・サリスのフルートや生ピアノがハイブリッドなアレンジの中に映えており、m-7"Por que voce"などはポピュラー歌曲としても秀逸。ベテランのエルバ・ハマーリョがm-5"Do Avesso"にゲスト参加。

     

    [週末・来週の予定 ]

    *5月は気付けば日曜を全休としてきてしまいましたが、今度の28日は通常通りに営業します。気になる仕入れ貨物の入荷状況ですが、来週の前半にアルゼンチンからのまとまった入荷が予定されており、また来週いっぱいに入るかどうかは神のみぞ知るという状態ではあるのですが、サンパウロから注目のジャズ・ピアノ奏者のソロ名義作も現在太平洋上を日本に向けて飛行中の模様です。

    ←左のサイド・バーにイベントお知らせを掲示しているのですが、ひとつ楽しみなイベントが増えました。

     

    5/29 (月) Yokohama O-SITE

    横浜に入る悦び10
    〜交流戦直前の決起集会〜
    吉川正洋(芸人・ダーリンハニー)
    サンキュータツオ(芸人・米粒写経)
    春日太一(映画史・時代劇研究家)
    村瀬秀信(ライター「4522敗の記憶」)
    【ゲスト】鈴木尚典

    OPEN    18:30  START    19:30
    ADV 2,200円 / DOOR 2,700円  [ DRINK  別 ]
    INFO : 045-328-3090

     

    横浜DeNAベイスターズを愛する者たちによるトーク・ショーへ赴いて、今回も開演前の束の間、伊藤亮介ソロ(大洋レコード)で応援歌弾き語りの プチGIG をさせていただきます。よろしくお願いします。

     

    そしてこちらは以前よりサイド・バーにてイベント参加を告知しておりましたが、正式なタイトルなど決定したようです。

    5/31 (水) 渋谷 Bar Music 
    Bar Music 7周年前夜祭だよワールド・ミュージック・バイヤー集合の2017年上半期ベスト大会 
    [DJ (選曲)]

    花田 勝暁(月刊Latina編集長)

    伊藤 亮介(大洋レコード)

    江利川 侑介(disk union) 
    [info]03.6416.3307  
    ※通常営業スタイルで、20:00~24:00の開催です。
    ※Music Charge ¥500 

     

    私、いちどはDJ廃業を勝手に宣言した身ですが、Bar Music のアニヴァーサリー関連企画と聞いて欠席するわけにいきませんよね。よろしくお願いします。

     

    手前味噌でナルシスティックな告知が続いて誠に恐縮なのですが、輸入盤CD取扱業の傍ら育んできたモチベーションの源、自作自演活動の音源を納めた作品をいよいよ白日の元に晒す日が決定しましたのでお知らせします。「人前に何かを提示、表現する立場に身を置いてみてこそ、音楽の内容に没入できる。これは言い過ぎだろうか。」ティーンエイジャーでギターを手にした時から言い知れないほどの生き恥を掻いてまいりました。また唄やギターはそのひととなりを表すということを申した友人もおります。いろんなことを俯瞰して見ることができるようになったのも最近のことなので、遅きに失したにしろ、誰もが携われるわけではない好きな音楽の仕事を続けてこられたことに本当に感謝します。もしこの自演の方でも、ほんの少しでも勇気や楽しい時間をご提供することができたなら、この上ない幸いです。

     

    [新譜案内その2/ご予約商品]

    ボサ・ジャパ・ノヴァ集大成。ブラジル・アルゼンチンからの輸入盤CD店 - 大洋レコードの店主夫妻による、声とギターとフルートのデュオ・プロジェクトが足跡を再録・新録で綴る。

     

    ryosuke itoh e shiho / minha estrada (TAIYO 0031 1,750円+税 6/24発売・ご予約商品)

    そもそものきっかけは伊藤が中学・大学の同級生たちと組んでいたビーカーズというバンドにメン募をみた志保が応募してきたことでした。2005年より東京・神楽坂でアルゼンチン・ブラジルからの輸入盤セレクトCDショップ /レーベル (有)大洋レコードを運営。雑誌のディスク・レヴューや、他レーベルでリリースされたアルバムのライナーノーツも執筆。不定期ながらラジオの選曲や出演も。その傍ら南米のシンガー・ソングライターたちと直に触れ研磨した表現、親密な雰囲気にこだわった夫婦デュオ”ryosuke itoh e shiho”として自作自演の作品制作、来日アーチスト(トミ・レブレロ、チエー、フロレンシア・ルイス、ジザリー from jazz sweet jazz)  の公演制作とその前座、日本の敬愛するミュージシャンたちを招聘してのイベント制作・共演(sakana、popoyans、近田ゆうき、saigenji 、山本のりこ、ヒガシノリュウイチロウ)、  日本語訳のヴァージョン歌詞の書き下ろしなども行ってきました。(2016年には、フェルナンダ・タカイに提供した”Kobune”が、ブラジルの連続ドラマ主題歌に採用。)今となっては珍しい8cmCDRの形態でboøwy 歌曲集や原田知世歌曲集など四作を発表、川沿い音楽やノーヴォス・コンポジトーレスという日々触れる音楽のフィルターを通した新鮮な解釈、そしておうちのなかで娘のコーラスなどを交えたアコースティック宅録の手法 - 空気感を大事にするため、唄とギターは同時に録音。この集大成的作品「Minha Estrada」(TAIYO 0031)ではこれらのep群収録曲から自作曲を再アレンジ、再録したものをも多く収録。ブラジル音楽に傾倒するきっかけとなったボサ・ノヴァ曲の日本語ヴァージョン(“Tarde em Itapoã””Lugar Bonito”)の新録、高校の軽音楽同好会ではじめて歌った思い出の”Dancing in the pleasure land”('86・BOØWY)、ブラジル音楽的なハーモニーを持つことに気づかされた林哲司作”どうしてますか”(’86・原田知世)など他では為し得ないロジカルなレパートリーが全11曲。マスタリング:ambiencephono 大原一記。カバーアート : Lili Itoh。店舗の12周年を記念してアルゼンチンのS.S.W. フリアン・モウリンと伊藤亮介ソロが全国をツアー予定。

     

    Tarde em Itapoã (vinicius de moraes - toquinho) / ファーム / おさるの知恵遊び / Lugar Bonito (caros lyra) / サルビーニャ* / 冬生まれ / Dancing in the pleasure land (kyosuke himuro - tomoyasu hotei) / 黄色い鼻の猫 / どうしてますか (shun taguchi - tetsuji hayashi) / Lily / Kobune (ronaldo boscoli - roberto menescal)            *臼井智和(cello) 参加

     


    ニュー・ウエーヴ通過後のアート・ロック的要素を醸し出すホワイト・ファンク、サンパウロの前衛音楽ムーヴメントを今に継ぐスペシャルなプロジェクト 

    0

      *明日の24日は水曜日で定休となります。

       

      先日ご紹介差し上げたキコ・ヂヌッチのポスト・パンクなアルバムをはじめ、いまサンパウロで活躍するメタ・メタパッソ・トルトらクルビ・ダ・エンクルザと呼ばれる前衛志向のグループたちやその構成員たち、アヒーゴ・バルナベーのバックから派生したclのアンサンブルが特徴のクアルタベー、そしてトゥリッパ・ルイスイアラ・ヘンノマリアナ・アイダールには直接的にその遺伝子が作用しているのが、ヴァングアルダ・パウリスタというムーヴメント。 と日本でいくら声を大にしてもなかなか伝わりにくいのが現状ですが、ではフェラ・クティらのアフロ・ビートにインスパイアされて、ニュー・ウエーヴ・サウンドのなかにファンクを取り入れたトーキング・ヘッズ、そこからデヴィッド・バーンがバイーアに帰ってGSの店員をしていたトン・ゼーに音楽シーンへの回帰を促し、と音楽の影響は世界を巡り巡っているわけです。少々ここまで脱線気味ですが、そのヴァングアルダ・パウリスタ・ムーヴメントにナー・オゼッチらのグルーポ・フーモと並び称されたのが、イタマール・アスンサォンというシンガー。惜しくもイタマールは2003年に亡くなってしまうのですが、娘のアネリッシ・アスンサォンはアフロ・ブラジルとレゲエを融合させたサウンドでアルバムを二作発表しています。

       

      このイタマール・アスンサォンのバックを務めていたのが、バンド - イスカ・ヂ・ポリーシア。イタマール亡き後もイレギュラーでショーを行ったりしていた模様ですが、初となるバンド単体での作品が発表されました。これがニュー・ウエーヴ通過後のアート・ロック的要素を醸し出すホワイト・ファンクを満載したご機嫌な一枚。ボカート(tb)、アルナルド・アントゥネス、ゼカ・バレイロ、トン・ゼーがゲスト参加。

      ISCA DE POLÍCIA / ISCA - VOLUME 1 (ブラジル直輸入盤CD 1,787円+税)

      バンドのオリジナル・メンバーであるパウロ・ルプチ(b)を中心に、ソロ・シンガーとして耽美的な作品を発表しているヴァンジ・ミレー(vo)、トゥリッパとグスタヴォ・ルイス(フイス)姉弟の実父であり、ジャーナリストとしても活動するルイス・シャガスらが再集結。ペリクリス・カヴァルカンチ、アルナルド・アントゥネス、アヒーゴ・バルナベー、イアラの父であるカルロス・ヘンノにトン・ゼー、そしてパウロやヴァンジらバンド・メンバー。80年代からのヴァングアルダ・パウリスタの時代に多くの楽曲を書き、尚且つ現役を貫くコンポーザー陣のうち何人かが自作曲にゲスト参加をしたりしながら、アフロ・マナーの裏拍に構えたベース、シングル・コイルegのカッティング、掛け合いも含んだ多勢のコーラス・ワーク。艶かしい妖しさと乾いたグルーヴは決して懐古主義のみに留まらない先鋭の格好よさで迫ります。


      清々しくコンテンポラリーなサンパウロのショーロ・トリオ

      0

        こう夏日が続くと一服の清涼剤のように爽やかな現代のサロン・ミュージックを聴きたくなります。

        サンパウロで2013年に結成されたトリオ・ショーロ・モデルノは、ショーロ・グループの編成としては異例のジャズ・ドラムをも含むトリオで、音楽学校ソウザ・リマで教鞭をとるペドロ・ハモス(カヴァキーニョ、テナーg)と兄弟のパウロ・ハモス(7弦g)のデュオに、ドラム科で頭角を表していたヂエゴ・ペレイラ(drs) を招き入れたのがはじまり。冒頭からコンテンポラリーなヴォイシングの施されたアンサンブルが溢れ出し、これもショーロとしては異例のヴォーカリーズ/スキャットが入った瑞々しいトラックも。ジャコー・ド・バンドリン作m-4"Cristal"の新鮮なヴァージョン、洗練のリーダー作を発表しているギリェルミ・ヒベイロ(acc)ゲスト参加のm-5"Valsa das Princesas"、ヴィトール・アルカンターラ(ss) が参加したm-7"Frevo das Galegas" 、ジャヴァンらとの共演でも知られるシザォン・マシャード(b)が参加したネネー作のm-11"Choramingando"、すべるように滑らかなフレーズの応酬とやわらかに弾むアコースティック・リズムは従来のサンバーショーロの枠に留まることなく、スムースという形容句がまさにぴったり。

        TRIO CHORO MODERNO / BOLO DE FUBÁ (ブラジル直輸入盤 1,806円+税)

         



        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



        [イベントのお知らせ]


        5/29 (月) Yokohama O-SITE

        横浜に入る悦び10
        〜交流戦直前の決起集会〜
        吉川正洋
        サンキュータツオ
        春日太一
        村瀬秀信
        【ゲスト】鈴木尚典

        OPEN18:30 START19:30

        ADV2,200円 / DOOR2,700円 [ DRINK別 ]
        INFO : 045-328-3090

        開演前の束の間、伊藤亮介ソロ(大洋レコード)で応援歌弾き語りのプチGIG をさせていただきます。よろしくお願いします。



        そしてこちらは正式なタイトルなど決定したようです。

        5/31 (水) 渋谷 Bar Music 
        Bar Music 7周年前夜祭だよワールド・ミュージック・バイヤー集合の2017年上半期ベスト大会 
        [DJ (選曲)]

        花田 勝暁(月刊Latina編集長)

        伊藤 亮介(大洋レコード)

        江利川 侑介(disk union) 
        [info]03.6416.3307  
        ※通常営業スタイルで、20:00~24:00の開催です。
        ※Music Charge ¥500 

        私、DJ廃業宣言を反故にして、Bar Music のアニヴァーサリー関連企画に参加。



        6/21 ~ 7/1 大洋レコード12周年企画「フリアン・モウリンとジャパン・ツアー2017」

        「大洋レコード12周年企画 JULIAN MOURIN と JAPAN TOUR 2017 東京・神楽坂公演」

        2017.6.29 thursday 神楽坂フラスコ

        東京都新宿区神楽坂6-16

        GIGs : Julian Mourin / ryosuke itoh e shiho 

        開場 18:30 / 開演 19:00

        予約 3,000円 / 当日 3.500円(共にドリンク別、ご帯同のお子様は無料)

        主催:(有)大洋レコード 協力:酒類卸 (株)ひのや、(株)ラティーナ

        大洋レコードHPご予約フォーム→ ☆ 6/29神楽坂フラスコのご予約フォームはこちら ☆

        [web記事掲載のご案内]

        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜・今月は第二日曜も店休

        03-3235-8825

        スマホ版

        [広告]

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1407 最後に更新した日:2017/05/26

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM