ボサ・ノヴァ、アコースティック・ブラジル音楽のファンにお薦めしたい夫婦デュオ、愛の作品

0

    音楽店として、掛かっているのを「これいいですね」と買って行ってもらえるのが何よりの醍醐味だったりするのですが、まさしくそういった場面に沢山直面させてくれるのでは、と嬉しい予感を抱かせる一枚を仕入れました。

     

    *ボサ・ノヴァ、アコースティック・ブラジル音楽のファンにお薦めしたい夫婦デュオ、愛の作品

    CAROL ANDRADE e ALEX MAIA  / CANÇÃO PRA DOIS(ブラジル直輸入盤CD 2,037円+税)

    カロル・アンドラーヂ(vo)とアレックス・マイア(g)、共にサンパウロ出身で、参加するジャズ・ブルースのバンドを通じて出会い、音楽生活と日々の暮らしを共にするようになって20年。これを祝して制作した歌とギターのみによるアコースティック・デュオ作品なのですが、前作品を贈呈し、聴いてもらったホーザ・パッソスも太鼓判を押すハイ・クオリティなパフォーマンスが満載。"Outras Mulheres"ショーと企画盤に参加、普段は音楽院で教える傍、オランダやベルギーなど国外での演奏経験も持つデュオが、「二人のための唄」にこだわったレパートリーに挑むという内容。張りのあるエレガントな歌声と、その唄を包み寄り添うように豊かなトーンを持ったギター、さすが夫婦の自在なタイム感は、まるで侘び寂びを熟知したかのようにナチュラルなパフォーマンスにより成り立っています。現役のS.S.W.マルシオ・セッリ作のタイトル・トラックに始まり、ジャヴァン"Aliás"、ドリヴァル・カイミ"Doralice"、ジョビン"Brigas Nunca Mais" などなどよく知られたレパートリーをこれ以上ないくらいの親密度で柔らかく、華やかに好演。ボサ・ノヴァ好きにとっての新しいスタンダードになりそうな予感。

     

     

     

     


    2013年大使館の招聘により来日したサンパウロの女性シンガー、ヴェロニカ・フェヒアーニ新作

    0

      *明日の10/17は水曜日で定休日となります。

       

      芯の通った魅惑の声質に、管弦とエレクトロニクスを盛り込んだ妖艶なムード、真の意味で全く新たなブラジル・サウンド。2013年大使館の招聘により来日したサンパウロの女性シンガー、ヴェロニカ・フェヒアーニ新作はカリオカのマルチ奏者ヂオゴ・ストラウスとパラー州でランバダのギター奏者として知られるマノエル・コルデイロ、前作にも参加したマルセロ・カブラル(b /パッソ・トルト)らが参加して制作。手の込んだ一枚となっています。

      VERONICA FERRIANI / AQUÁRIO (ブラジル直輸入盤CD 1,907円+税)

      アコースティックなシコ・サライーヴァ(g)とのデュオ作、インタープリーターとして優雅なMPBを聴かせた初ソロ作、そして2013年来日時に国内盤としてリリースされた自作楽曲による「それ心に滿つるより、口は物言ふなり」ではエクスペリ・サンバ勢とコラボレイト。5年ぶりの自作楽曲による作品として制作された今作では、世界各地の現代都市生活者を水槽の中での生活になぞらえ描き出していくのですが、m-2"Bûssola"に見られるようなエレクトロニクスとロジカルなルーツ・リズムの融合、そしてヴェロニカの多重コーラスでオブスキュアな旋律を盛り立てていく展開の構築術は、ヂオゴ・ストラウスの洗練された手腕を感じさせるに充分です。サンバ・パーカッションに混じって80'sタッチなegのトーンで幕を開けるm-5"Eva"、テコ・カルドーゾ(pifes)とメストリーニョ(acc)が参加した従来の北東部エッセンスを刷新するm-6"Ponto de fuga"、マノエル・コルデイロがワーリッツァーをプレイするボレロのm-10"É só o amor"など、生楽器と電子トーンのコントラスト、彩りにかつてなかった感触を覚える新感覚ブラジル音楽。

       


      ヨーロッパでもその洗練されたセンスが評判となった、ノーヴォス・コンポジトーレスのS.S.W. ダニロ・モライス。待望のスウィートな声とギターのライヴ盤

      0

        *お客様の声に応えて、以下の商品が再入荷しました。

        ACA SECA TRIO ベスト

         

        *ヨーロッパでもその洗練されたセンスが評判となった、ノーヴォス・コンポジトーレスのS.S.W. ダニロ・モライス。待望のスウィートな声とギターのライヴ盤

        DANILO MORAES / OBRA FILHA - AO VIVO (ブラジル直輸入盤CD 2,185円+税)

        最初にブラジル本国でサブスクリプション・サービスをはじめ、デジタル配信の形でリリースされ、CD化が待ち望まれていたアルバムがこちら。ヒカルド・テテとのデュオ名義作などを携えてフランスでも活躍、その後サンパウロの新潮流、ダニ・グルジェルが主宰するノーヴォス・コンポジトーレスのシリーズ・コンサートやアルバム「Agora」にも参加、シンガーへの楽曲提供や先鋭的なプレイヤーとの共演と精力的な活動を行ってきた'79年生まれのS.S.W.ダニロ・モライス。まろやかな曲線を描く歌旋律に柔らかなハーモニー、フレッシュで小気味良いギターのバチーダ、ダニロの持ち味が遺憾なく発揮された本盤は、サンパウロのスタジオ - ファミリー・モブにお客さんを入れて暖かな雰囲気のもと収録。ナイロン弦のギター一本、時にはカイピーラ・ギターに持ち替えて自身の書き下ろしや過去の作品を弾き語りにて紡いでいくのですが、なんでしょうこの音楽的な高い完成度は。体育座りの姿勢でダニロの世界観に浸り、うっとり視線を送るお客さんの表情が目に浮かびます。アフロ・ジャズの女性シンガー、レンナ・バウリが参加したm-4"Virando amor ou já é"や、ジャクソン・ド・パンデイロとアルミラ・カスティーリョのデュオ作からm-10"Tililingo"のカヴァー、サンパウロの女性シンガー、セウの1stアルバム(2005年)に提供した楽曲のセルフ・カヴァーm-11"Mais um lamento"、エクスペリ・サンバ一派ホドリゴ・カンポスと共作したm-12"Na Volta do Pari"(「Danilo Moraes e Os Criados Mundos」に収録)など、歌とギターのシンプルな構成のなかメリハリの効いたレパートリー。新しい世代のブラジル音楽を聴いてみようという方にぜひお薦めしたい一枚。

         



        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて


        ★「21世紀ブラジル音楽ガイド」出版記念パーティー@小田原 cafe ももすけ

        2018年10月8日(月・祝) 14:00〜18:00
        good music and life. cafe ももすけ
        (〒2500011 神奈川県 小田原市栄町1-17-31) 
        【DJ】
        中原仁 (J-Wave Saude!Saudade...)
        伊藤亮介(大洋レコード)
        江利川侑介(diskunion)
        宿口豪(Blen)
        【Charge】1,000円+Drink
        「21世紀ブラジル音楽ガイド」掲載のディスクの中から、執筆陣それぞれがオススメする、思い入れのあるディスクの曲をかける、選曲会スタイルです。もちろん当日は、本の即売も!多彩なセレクターがプッシュするブラジル音楽を聴きながら楽しいひとときをお過ごしください。


        [国内盤リリースのご案内]


        FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        販売中!


        [記事掲載のご案内]


        体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

        「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



        女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


        5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1606 最後に更新した日:2018/10/18

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM