傷も癒えて+ブラジル女流現代音楽+ツアーに伴う営業スケジュール変更

0

    いよいよ10/1 (土)豊橋ブラジリアンアートフェスティヴァルを皮切りに、フェルナンダ・タカイ・アコースティック・ライヴ・ジャパン・ツアー2016(詳細はこちら→)がスタートします。穂の国とよはし芸術劇場「プラット」では、晴れれば屋外のテントにて午前11時より、ブラジル粘土細工、バルーンアート、フェイスペイント、食品販売などのイベントを実施しています。ここに協賛企業として(有)大洋レコードの物販ブースを出展予定です。当日ショーを行います、(この日だけグランドピアノを使用します) フェルナンダ・タカイの関連作品のみならず、当店でおすすめしているブラジル新譜のCD商品も販売させていただく所存です。この日の為にも現在現地から2つほど小口仕入れ貨物が出荷されているはずなのですが... 25日現在届いておりません!それでも、旧来のブラジル音楽のイメージのみに留まらないアコースティックな良作が幾つも手元にありますので、ラジカセで再生しながらご紹介できればと思って居ります。

     

    つきましては神楽坂の店舗の営業スケジュールを以下のように変更させていただきます。大洋レコードでは2013年以来、いわゆるワンオペ、従業員ひとりプラス兼業の家業手伝いひとりという体制ですのでご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

    9/28 (水) 水曜定休

    9/29(木) ~ 9/30 (金)通常営業 12:00 - 19:00

    10/1(土) 〜 10/7 (金)  臨時休業  この間、web通販はご利用いただけますが、ご返信・発送が遅れる可能性がございます。

    10/8 (土) ~ 10/9 (日) 通常営業 12:00 ~ 19:00

    10/10(月・祝)連休最終日休業 

    10/11 (火) 通常営業 12:00 - 19:00

     

    文化の秋ということで、今週末も様々な場所でライヴ・イベントが行われています。幸いにも(?)自身の演奏スケジュールを入れてなかったため公には何ら微々たる影響ももたらしませんでしたが、8月の終わりに怪我した左手小指は、私の日課となっておりました午前中のギターを用いた弾き語りエクササイズをまったくさせてくれず、フラストレーションが溜まる一方でした。誰が何と言おうと、自演活動をすることは私にとって、"CD作品を売る"という仕事を支えるモチベーションの大きな部分を占めてますので、いよいよ張り合いも持てなくなって心折れそうだという頃、皮膚科で施された軟膏+抗生物質貼付+ガーゼによる治療ではズキズキした痛みがとれないことに疑問を抱き、元のキズパワーパッドのみによる湿潤療法に戻したら、あら不思議、翌日には普通にギターが弾けるではありませんか。自転車と同じで3週間くらいの空白期間では、乗り方は忘れていないようで安心しました。

     

    De須田幸太の投球中に起こした左腿肉離れが心配ですが、きっと彼も万全で戻ってきてくれると信じています。

     

    ブラジル女流現代音楽のプレイヤー、サンパウロから。

    BEATRIZ ALESSIO / PLAYS GILBERTO MENDES(ブラジル直輸入盤 1,806円+税)

    2011年以来バイーア連邦大学で教鞭をとる若き女流ピアノ奏者ベアトリス・アレッシオは、サンパウロ大学で学士・修士の課程を履修し、オルケストラ・ヂ・カマラー・ダ・USP(OCAM /サンパウロ大学室内管弦楽団)のソリストを皮切りに、国内のオーケストラと共演を重ね、アルゼンチンのサン・フアン国立大学にも招聘されたり、リオ連邦大学で博士号を修めるなどクラシック界で華々しいキャリアを誇る才女。そのベアトリスが研究課題に掲げるブラジルの現代音楽の普及というテーマで取り組むのは、彼女とも密接な関係にあったジルベルト・メンデス(1922~2016) の作品。無調とミニマリズムを特徴とした彼の楽曲は、無調というだけあってひとつのキーに収まらないものですが、異端ともいえるそのハーモニーが美しく鮮やかな色彩を持っていることに驚かされます。"イスタンブールの櫛"、"コパカバーナのユリシーズ"、フランスの古典舞踊であるパスピエを題材にしたりと、時間軸にも異文化圏にもとらわれない自在な発想から生まれた作品を瑞々しく表現。

    試聴はこちらのFMラジオ出演時のアーカイヴサイトから可能です→


    抜群のAORフレイヴァーで子供向けブラジル音楽 + 25年間お疲れ様でした...

    0

      *明日の水曜日、21日は定休日となります。

       

      昨日の店休日は午前より池袋サンシャイン・シティで行なわれているブラジル・フェスタに赴き、Bar Blen Blen Blenのブースでフェイジョアーダとムケッカを、Bar Julepのブースでカイピリーニャを、家族ランチにいただきました。13時には帰宅し、De x C をTV観戦しておりました。いい野球だったと思える激戦を制し、11年ぶりのA Class、球団初のCS進出を家族と分かち合おうと辺りを見渡すと、暗黒期にあれだけ連れ立ってスタジアムに行った家内は職場の土産の買い出しに出ており、娘は近所の友達の家に行って不在、残された息子は傍でひっくり返ってスマホでドラえもん閲覧中、と歓喜をひとりきり嚙みしめる状況でしたが、何はともあれ、良かったです。

      勝利後の挨拶でフィールドに並んだ時、ハマの番長こと三浦大輔投手が満足げな笑顔を振りまいてましたが、CS進出決定で泣かせてくれた翌日に... (→Yahoo ニュース)「逆境での闘い方」を身を以て教えてくれた素晴らしい方です。ありがとうございました、そしてこれからも是非、"hit it if you can"の心を説いてください。

       

      自身の名義ではジアナ・ヴィスカルヂを招いてスタンダードをカヴァーしたり、ジャズのプレイヤーやフォホーのレジェンドたちとコラボレイトしたりと、精力的なアーチスト活動が目立つサンパウロのS.S.W.兼医師、マヌ・ラフェール。カエターノ・ヴェローゾのサイドマンとして活躍していたバイーア出身のギター・プレイヤー - ルイス・ブラジルと共作、そして編曲を委ね、フランスのカヴァー・ポップ・ユニット - ヌーヴェル・バーグや、アメリカのシーヴェリー・コーポレーションで女性ヴォーカリストとしてフィーチャーされてきたカリーナ・ゼヴィアニがエレガントな唄声を聴かせるという、至福のブラジリアン・ポップ作品。

      LUIZ BRASIL, MANU LAFER / as luas de monte (ブラジル直輸入盤 1,907円+税)

      マヌ・ラフェールのソロ作のなか、英語詞曲ではまるでバート・バカラックの佳曲を思わせるようにグッド・ミュージックな瞬間があったのですが、本作ではルイス・ブラジルのegやソフト・ロックなソロ作を発表しているアルベルト・コンチネンチーノ(b)、共同プロデューサーのアレー・シケイラらと、その華やかなエッセンスを抽出したようなアルバムとなっています。それもその筈、唄っているのがNW期の名曲のネオ・ボサ・ヴァージョンを届けてくれていたスウィートな唄声の持ち主、カリーナ・ゼヴィアニなのですから。きっかけはルイスの末娘に捧げた朗らかな唄、そこから子どもたちに向けた作品を作ろうという着想を得ました。"ムカデの結婚””タクシー運転手の家""火星の月”、夢想するキッズ・ワールドが展開しますが、サウンドは多大なリスナー遍歴をもってしても唸ってしまうだろうアダルト仕様。そこはかとないメロウなハーモニーとAORフレイヴァーが堪りません。

      他の曲につきましては、ブラジルの配給会社Tratore の商品ページで試聴ができます。→


      女性MPBシンガー、ジュリアナ・アマラルの深いメッセージ性を持った濃密な新作

      0

        *明日の19日(月・祝)は連休最終日、第3日曜の代休としてお休みをいただきます。

         

        オリンピック/パラリンピックは無事敢行されたものの、大統領が罷免されたり、州知事が財源のなさを明らかにしたり、サンパウロではまだまだ市民デモがあるようですし、政局の安定しないブラジル。ラティーナ10月号に寄稿したベッチ・アミンへのインタヴューでも「世界、特にブラジルは暗い行路に突入しているので、魂の平静を求めるような唄を届けたい。」という主旨のことばが聞かれました。

         

        MPBシンガーとして22年のキャリア、3枚のアルバムを発表しているサンパウロのベテラン、ジュリアナ・アマラルの新作は軍事政権の時代など暗い時勢に臆することなく発表された珠玉の楽曲を取り上げ、現在の時勢に警笛を鳴らします。芸術的に美しく、かつ知性を感じさせる方法で。

        JULIANA AMARAL / AÇOITE (ブラジル直輸入盤 2,093円+税)

        アナ・ルイーザ(vo、ジュリアナの実姉)とのデュオでサンパウロのジャズ・シーンに清涼な風を吹かせるルイス・フェリーピ・ガマ(p)のプロデュースでデヴュー・アルバムを制作、その後はモアシール・ルスがプロデュースしたサンバ作やミニマムなサンバにこだわったアルバムをリリース、とサンパウロのシーンの中でもブラジル由来のリズムや表現にこだわりをみせるS.S.W.。4作目となる本作では、もう一人のきょうだい、ジョアン・パウロ・アマラルの弾くヴィオラ・カイピーラと共に慈しむように唄う"Rio de Lágrimas"に始まり、カイピーラ仕立ての近郊型音楽へとアレンジされたA.C.ジョビン=パウロ・セーザル・ピニェイロ"Matita Peré" 、サンパウロの新世代サンビスタ、ダグラス・ジェルマーノ作の"Cosme"にはマリオ・ヂ・アンドラーヂの詩が引用され、静けさから一転、ジャズ・サンバなリーダー作を発表しているホドリゴ・ヂガォン・ブラス(drs)や、アルベルト・ルッカス(contrabass)、メロウなepをプレイするグスタヴォ・ブジニ(key)ら精鋭なるバンド・メンバーたちの演奏がせめぎ合うモードへと。トン・ゼー"Carta"、ジルベルト・ジル=カズーザ"Um Trem Para As Estrelas"と70年代、80年代の落ち着かない時代に生まれたレパートリーを経過し、ミナス音楽的なヴォイシングが施されたインストm-10"Brato Aberto"に続いては、ミルトン・ナシメント=シコ・ブアルキ作、クルビ・ダ・エスキーナスの名曲m-11"Léo”。 入魂の68分に渡るヴォリュームの本アルバム中、ハイライトともいえる二曲の並びは特筆すべき瑞々しさに溢れており、乾いた暗路に光明を与えるかのように生命力がみなぎっています。

        Check


        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて



        [イベントのお知らせ]
        ブラジルの人気ポップ/ロック・バンド、パト・フのヴォーカリストであり充実したソロ・キャリアも形成する、フェルナンダ・タカイが今秋8年ぶり3度目の来日を果たします。 皆様ぜひ、この機会をお見逃しなく!各地ご予約が始まっています。席数に限りがございますので、お早めに。

        10/1(土)豊橋 ブラジリアンアートフェスティバル 会場:穂の国豊橋芸術劇場「プラット」

        10/4(火) Fernanda Takai Acoustic Live Tour 2016 山形公演 会場:さんろくまる

         

        10/6(木) Fernanda Takai Acoustic Live Tour 2016 鎌倉公演 会場:カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ 

        10/7(金) <プラッサ・オンゼ35周年記念企画> Fernanda Takai Acoustic Live Tour 2016 東京公演 会場:プラッサ・オンゼ

        10/8(土)Fernanda Takai Acoustic Live Tour 2016 大泉公演 会場:Sanshin Hall

        詳細はこちらから→http://taiyorecord.jugem.jp/?eid=3655

        * 店舗営業日カレンダー

        12:00-19:00 open

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜・連休最終日店休

        03-3235-8825

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          太田和夫
        • 明日は祝日ですが定休します。「ナー&ゼー」、まずは輸入盤が入りました。+ ナーの在籍した80's B-ROCK最前線 グルーポ・フーモ 復刻盤CD
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1309 最後に更新した日:2016/09/25

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM