ブラジルはペルナンブーコ出身の詩的にセンシティヴなS.S.W.

0

    ブラジルのインディー・シーンも興隆して久しいですが、特に近年のアーチストにおいては米国のピッチ・フォークに取り上げられるようなS.S.W.勢のサウンドと、自らのアイデンティティー - ブラジリダーヂの混ぜ具合が絶妙だなと感じます。本日ご紹介するイゴール・ヂ・カルヴァーリョの新譜にしてもその通りで、抑制の効いたギター・トーンと内面の心情をつぶさに語りかけるようなヴォーカル、そしてアレンジャーとして関わるエンヒッキ・アルビノは木管をはじめとするマルチ・プレイヤーで、故郷ペルナンブーコの舞踏音楽フレーヴォのワークショップを開催したりも。プロデューサーとして立つホジェリオ・サミコもペルナンブーコ出身のバンド - マルサの鍵盤奏者として活動してきた人物。

    IGOR DE CARVALHO / CABEÇA CORAÇÃO (ブラジル直輸入盤CD 2,093円+税)

    生の管弦をふんだんに使った劇的な冒頭"Ouça Bem"、洗練されたカリビアン・タッチの"Laço"でギターを弾くのはユーリ・ケイローガだったり、ギターのディレイにヴィブラフォンを併せてみたり、ビートル・

    マナーのリフを引用したり、と繊細で綿密なサウンド構築は従来のペルナンブーカン音楽のイメージを覆すもの。m-5"Me Esqueca"では同郷の人気ロック・シンガー、ジョニー・フッカーがゲスト参加。オルケストラ・コンテンポラネア・ヂ・オリンダを率い、サンパウロのエクスペリ・サンバ勢とも近しいコンポーザーのジュニアーノ・オランダとイゴールが共作したm-7"Não Tinha Amor Ali"にはゼリア・ドゥンカンが、m-9"Pelicula de Cidro / Eu Não Quero Mais"にはポルトガル人シンガー、マネル・クルスがそれぞれゲスト参加。叙情的に溢れ出すメランコリアと多様性に富んだ好アルバム。


    ブラジルの女流ピアノ奏者がシカゴにあるファツィオーリ F228 に導かれて

    0

      *明日の8/21は水曜で定休日となります。

       

      ブラジルの女流ピアノ奏者がシカゴにあるファツィオーリ F228 に導かれて

      HELOISA FERNANDES / FACES (ブラジル直輸入盤CD 2,352円+税)

      ナナ・ヴァスコンセロス(per)、アリ・コラリス(per)やゼカ・アスンサォン(b)と共演した1st、詩人マリオ・デ・アンドラーデの遺したブラジル・ポピュラー音楽の史跡資料を元に制作した2nd、今年初頭に入荷してきたオルケストラ・ポプラール・ヂ・カマラーのサックス奏者マネー・シルヴェイラとのデュオ作と、このサンパウロ出身の女性ピアノ奏者/コンポーザー - エロイーザ・フェルナンデスのキャリアを見渡すと、各地に伝承されるブラジル音楽ルーツ・リズムにかなり精通していることが判ります。その最たるものが、米国ツアーを経て2017年にシカゴにて制作されたソロ・ピアノの本作。病気を克服したのちに現地ディレクター、トーマス・ゾエルスの招待を受けてシカゴにある名機ファツィオーリF228と面し録音。冒頭"Colheita e Caicó"に顕著な、独立して蠢めく左手の力強い低音と、透明感も鮮やかな高音のハーモニー。そしてドラマティックな展開。ギリシャ神話の女神3人をモチーフにした組曲m-2 ~ 4が収録されている辺りは、クラシック/現代音楽畑出身であることを窺わせます。ヴォーカリーズからインプロヴィゼーションになだれ込むm-5"Mergulho"、そして川をモチーフにした後半の組曲と、クラシカルからコンテポラリー・ジャズ、ブラジルの民間伝承、これらを統合し、自らの表現へと高めることのできる稀有な存在であることを証明した一枚はブラジル・ピアノを語る上で欠かせません。


      お盆休み明け一発目にサンパウロ、ノーヴォス・コンポジトーレス発 ヴァネッサ・モレーノ(vo) & サロマォン・ソアレス(p) のデュオ作登場!

      0

        *本日8/16 から通常営業 12:00 - 19:00 に戻ります。8/18 は第三日曜にて店休をいただきます。

         

        *サンパウロから仕入商品が到着しまして、以下の商品が再入荷しています。お見逃しなく。

        <再入荷案内>

        VANESSA MORENO / EM MOVIMENTO (サンパウロ、ノーヴォス・コンポジトーレスの女性スター・シンガー、ソロ初作)

        FABIO TORRES  / DE CARA PRO  SOL (トリオ・コヘンチのピアノ奏者が描いた室内楽アレンジ)

        PAULO BELLINATI & MARCO PEREIRA / XODÓS (ギター名手二人のデュオ作)

        DANI GURGEL / NOSSO  (ノーヴォス・コンポジトーレスの金字塔的傑作)

         

        *お盆休み明け一発目にサンパウロ、ノーヴォス・コンポジトーレス発 ヴァネッサ・モレーノ(vo) & サロマォン・ソアレス(p)  のデュオ作登場!

        SALOMÃO SOARES & VANESSA MORENO  / CHÃO DE FLUTUAR (ブラジル直輸入盤CD 2,602円+税)

        瑞々しいピアノのヴォイシングによる洗練、スキャットやマウス・パーカッションを交えた女性ヴォーカルのパフォーマンス。ルーツから現代ブラジル音楽に連綿と連なるパノラミックな世界観。サンパウロを拠点にベース奏者である夫フィ・マロスティカとのデュオから、オーケストラへの客演まで、ジャズ・クラブから大ホールまで躍動する女性シンガー、ヴァネッサ・モレーノ。そしてパライーバ出身のピアノ奏者で、モントルーで行われたピアノ・コンクールのファイナリスト、マエストロ - トニーニョ・フェハグッチ(acc)との共演作も記憶に新しい若手のサロマォン・ソアレス。清涼なジャズが吹き抜けるサンパウロのシーンで時にはすれ違い、時には共演の機会もあったピアノ奏者とヴォーカリストがタッグを組んだのは、本作がレコーディングされたハファエル・アルテリオのスタジオにて。本作では、ジョビン=ルイス・ボンファ"Correnteza"のかつてない透明度を誇るヴァージョンに始まり、ミルトン・ナシメント=フェルナンド・ブランチ"Saudade dos aviões da panair" の神秘的な佇まい、エギベルト・ジスモンチ"Sanfona"に、一節がアルバム・タイトルとなったギンガ"Via crucis" など、コンテンポラリー・ブラジル音楽ファンなら垂涎のヴァージョンを収録。ト・ブランヂリオーニのヴァージョンも知られる、本作のプロデューサー、ハファエル・アルテリオ作"Xi, de pirituba a Santo André"ではピアノのブギーに載せて、ヴァネッサのマシンガン歌唱が聴けます。サロマォンとヴァネッサに、ジョナタス・サンサォン(drs)、天才ベース少年現る、と話題になったミカエル・ピポキーニャ(b) とのクアルテート編成でスイス・ルガーノをはじめとする欧州ツアーを成功させたばかり。本アルバムは新たな情景を拓いてくれる大傑作であることを保証します。



        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて


        [以下の音楽雑誌に店主が寄稿しました]


        ミュージック・マガジン5月号 (4/20発売)

         

        〜特集〜

        「ブラジル音楽オールタイム・ベスト100」


        ラティーナ5月号 (4/20発売)

         

        〜特集〜

        「アルゼンチン音楽を聴こう」


        【イベント】『ジョアン・ジルベルトを探して』映画公開記念、ジョルジュ・ガショ監督来日トーク・イベント 蔦屋書店3号館 2階 代官山Session: イベントスペース 

        2019年 08月08日(木) 19:30〜20:30(30分前に開場)  定員 60名(イベント詳細→)

        主催 代官山 蔦屋書店  共催・協力 ミモザフィルムズ 問い合わせ先 03-3770-2525


        [国内盤リリースのご案内]


        ENSAMBLE CHANCHO A CUERDA / POSDATA (TAIYO0035 2018.12.22 release 限定盤) 好評発売中!


        FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        販売中!


        [記事掲載のご案内]


        体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

        「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



        女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


        5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        selected entries

        archives

        recent comment

        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys
        • エレガントに花香るブギ・ウギ・サンバ・ジャズ + サンバ・ソシアル・クルビ - シコ・ブアルキ・トリビュート
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          伊藤亮介
        • オーガニックなブラジルの吟遊詩人へのトリビュート作
          太田和夫

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1700 最後に更新した日:2019/08/23

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM