ミルトンがかつて楽曲を採り上げたことでも知られるウルグアイのコンポーザー/ピアノ奏者、レオ・マスリアーの躍動する新譜

0

    先ほど東京の上空をブルーインパルスの6機編隊が飛行してくれました。よく考えれば、ジェット燃料も国家予算なので、ブツブツ言いたくなる気持ちも分からなくもないですが、近所のビルの屋上に出ている人、通りがかりのご夫婦や子連れの保護者、「今回は医療機関への慰労飛行なので、JCHOや国際医療センターのあるこの辺りは絶対通りますよ」「板橋から駒込病院回ってもう一周するんですよ」「速すぎて携帯で撮れなーい(8歳)」と情報交換しながら、皆で同じ空を見上げて、日々の鍛錬の証でもある見事な編隊飛行とその飛行機雲を眺める...やはり感動しました。ウイルスとの闘いや自粛で荒んだ気持ちを晴らす、何か。やはり必要だと思います。飛行機好きだった少年時代の私は、横田基地や入間基地、茨城の百里基地まで出かけて行ったのを思い出します。

     

    さて、今日もアルゼンチンから届いた新譜から。

    ミルトン・ナシメントの名唱"Guadanapos de papel"、"Biromes y servilletas" の作者として知られるウルグアイのコンポーザー/ピアノ奏者レオ・マスリアー。強靭なリズム・セクションを従えたピアノ・トリオの編成で2020年新譜をリリース。

    LEO MASLÍAH / EN TRIO CON TAT BOLOGNINI Y MARCO MESSINA (アルゼンチン直輸入盤CD 2,218円+税)

    1974年にクラシックのヘンデル曲集を発表して以来、母国ウルグアイ、アルゼンチン、チリ、スペイン、米国などで40ものアルバムを発表している大御所のレオ・マスリアー。ウーゴ・ファットルーソとの共演も音源化されています。今回はイタリアやキューバでも修行を積んだ名ドラム奏者タト・ボロニニ、ロック・ギタリストから大所帯のジャズまで幅広い引き出しを持ったマルコ・メッシーナ(eb) 、二人の強靭なリズム・セクションを従えたピアノ・トリオでの新作。カンドンベやムルガといった彼の地の舞踏リズムをコンテンポラリー ・ジャズで解釈した、鮮やかに躍動する自作曲群から、キューバン・ソンの要素を取り入れた楽曲、スウェーリンク作のバロック調のハーモニーやアルテュール・オネゲルがバッハに捧げた楽曲を取り上げるなど、元々の素養を感じさせるクラシカルなアンサンブル、そして即興的なプレイが絶妙にスケール・アウトして舞い戻ってくるようなモダン・ジャズ調の一曲、清涼なハーモニーとフレットレスbがフュージョニックな、ウルグアイらしいサウンド、三つ巴の駆け引きが織り成す多彩で力強さを伴ったトリオ・アンサンブル。


    スピネッタの未発表音源、到着しました!+その系譜を継ぐルーカス・マルティの2016年作

    0

      *昨日お知らせしました通り、2020.5.28 (thu) 12:00 より大洋レコード神楽坂実店舗の営業を再開します。透明パーテーションの設置などウイルス対策を施してまいりますが、出来ればマスク着用でのご入店をお願いしたく存じます。よろしくお願いします。

      大洋レコード実店舗営業再開 5/28 (木) 12:00~  

       

      A.ロック(アルゼンチン・ロック)のレジェンド、ルイス・アルベルト・スピネッタの死後2枚目となる未発表曲集が大洋レコードに到着しました。

      SPINETTA / YA NO MIRES ATRÁS (アルゼンチン直輸入盤CD  2,550円+税)

      ジャズやコンテンポラリー・フォルクローレの音楽家たちも参加して、トリビュート盤が編まれているのでその音楽的功績はご存知の方も多いと思います。2008年にリリースされた「Un mañana」、平行四辺形のジャケに包まれたCDアルバムですが、こちらのアウト・テイクが収められたスマート・メディアが息子たちの手によって発掘。ナショナル・ジオグラフィックの番組も制作されるほどの大事件に。「Un mañana」と同様、クラウディオ・カルドネの鍵盤をはじめ、セルヒオ・ベルディネッリ(drs)、女性b. ネリナ・ニコトラ、そしてスピネッタのvo.とeg.という布陣に、モノ・フォンタナ、アレハンドロ・フラノフの両名が客演。うがった見方をすれば良く知られたミュージシャンでもある後者の両名は「Un mañana」にクレジットされていないので、後日特別に発表しようととっておいた秘蔵のトラック群かも知れません。「振り返らないこと」と題された一際メロウでAORテイストのタイトル・トラックm-2"Ya no mires atrás"をはじめ、宇宙、コズミックな響きを備えた未来志向のスペシャリティ・マスターピース群。モノ・フォンタナがアレンジを手がけたメランコリーな"Nueva luna, mundo arjo"、イーリャ・クリャッキで活躍した息子ダンテのラップが聴けるm-5"Merecer"、フラノフとスピネッタのコラボレイト作m-7"Diadema"は音の妖精にも準えられたフラノフ特有の浮遊する水滴のような旋律を、スピネッタがファルセットのユニゾンで追いかけるという魅力的な佳曲。ジャケット・デザインはボックス・セットや近年の作品群同様、アレハンドロ・ロスが手がけています。

       

      *この未発表曲集の入荷を記念して下記関連作のLPレコードを値下げに踏み切りたいと思います。

      PESCADO RABIOSO / ARTAUD (アルゼンチン直輸入盤変形カバー・アナログLP 新品)6.100円+税→ 5,490円+税 [10%OFF}

      INVISIBLE / EL JARDIN DE LOS PRESENTES (アルゼンチン直輸入180g重量盤アナログLP 新品) 5,300円+税4,770円+税 [10%OFF]

      「YA NO MIRES ATRÁS」のアナログも探したのですが、現地にすでに在庫がなかったようです。個人的には残念...しかし、録音時の2008年といえばCD全盛ですからね。

       

      *このスピネッタの音楽的系譜、特に80'sのスピネッタの遺伝子を継いでいるのがブエノス・アイレス・インディーで活躍するルーカス・マルティ。バンド、ティラドール・ラセルを経て、ソロ活動へ。チリの女性シンガー、ハビエラ・メナをゲストに呼んだりと話題を呼んできました。そして今をときめく女性シンガーたちに自作楽曲を歌わせるバリアス・アルティスタス、ダリオ・ハルフィンとのデュオ、ロック・ユニット - アルタガマ .... あまりに多作な為と個人的趣向かなという遠慮から、近年追えなくなってきていたのは否めません。そんな時、サブスクで見つけてしまいました、未チェックだったルーカスの傑作を。m-3"Recuperemos un minuto"をはじめ、XTCのひねくれたポップ・センスにも通じるニュー・ウエーヴなギター・リフ、アルゼンチン特有のセンシティヴなメランコリア旋律、突然の転調、確信犯的な女性コーラス... この2016年作ではいつものエセキエル・クローネンベルグ(b, ロサル)に加えて、前述ティラドール〜で盟友だったマルセロ・バラフ(来日経験のある女性S.S.W.マリアナ・バラフのきょうだい)がパーマネントに参加、そしてその父ベルナルド・バラフの吹くサックスが80'sテイストに拍車をかけます。アナログ・シンセの用い方などはむしろ一周回って現代的です。

      LUCAS MARTI / LAS SOMBRAS QUE EVADIMOS(アルゼンチン直輸入盤CD 2,355円+税)


      店舗営業再開のお知らせ + アルゼンチン再入荷案内 + 緊急リリース国内盤第36弾 + 華奢で可憐な唄声とチェンバー・アコースティック、ロリ・モリーナ新譜

      0

        *政府の緊急事態宣言、並びに東京都知事による休業要請に従って去る4/11より、神楽坂本店実店舗を臨時休業としてまいりましたが、緊急事態宣言の解除、そして都がステップ1へ移行することを伝えたため、予定より数日早く5/28 (木)より店舗営業を再開いたします。

        大洋レコード実店舗営業再開 5/28 (木) 12:00~  

         

        レジ・カウンターに透明アクリルの衝立を設置、カウンター前に売れ筋商品を面陳するなどプチ改装を行いました。その他アルコール除菌スプレーを設置するなど新型コロナ・ウイルスの感染防止に努めてまいりますが、お客様におかれましては出来ればマスク着用でのご入店をお願いしたく存じます。どうぞよろしくお願いします。

         

        *本日アルゼンチンより入荷がございまして、L.A.スピネッタ・カヴァーの"Fuji"やC.アギーレ・カヴァーの"Estampa de Rio Crecido"で鮮烈な印象を残した、コルドバは声とギターのカップル・デュオ - フリアン・ボウリュー&アイレナ・オルトゥーベの「Ñacu」が再入荷を果たしました!こちら4月の初入荷時に瞬く間に売り切れてしまった傑作になります。お持ちでない方はぜひこの機会に。

        [再入荷案内]

        AIRENA ORTUBE - JULIÁN BEAULIEU / ÑACU

         

        *そして本来は再入荷させる筈だった、コルドバの実力派女性シンガーとギター奏者がタッグを組んでの10周年を祝う記念盤「MERY MURÚA & HORACIO BURGOS / ROBLE 10AÑOS」(工場製CD-R)。何と現地で"在庫切れ"を起こしていることが判明。多くのお客様に再入荷リクエストを戴いておりましたこの緊急事態に、弊社としては迅速に対応策を練りました。それは...

        緊急リリース、正規ライセンス限定国内盤リリース決定!!

        メリー・ムルーア&オラシオ・ブルゴス - ロブレ・ディエス・アニョス

        TAIYO 0036 / 2,400円(税込) / プレスCD / メリー・ムルーアによるセルフ・ライナー付 /

        リバースボード加工見開き紙ジャケット仕様/2020.6中旬販売開始

        絶賛ご予約承りたく存じます。上記商品ページ・リンクよりご注文お願いいたします。

        当初、機器との相性から秘蔵となっていたアルゼンチン盤CD-Rを、この未曾有の事態にも関わらず弊社web通販にてお買い求め頂いた貴重なお客様の皆さまへ。本限定国内盤CDが工場より完成次第にお客様の元へギフトとしてお送りさせていただきます。よろしくお願いします。

         

        *華奢で可憐な唄声とチェンバー・アコースティック、ロリ・モリーナ新譜

        [新入荷案内]

        LOLI MOLINA / LO AZUL SOBRE MI (アルゼンチン直輸入盤CD 2,118円+税)

        アレハンドロ・フラノフに見出され、アンドレス・ベエウサエルトの作品などでも客演。フォルクローレとハイブリッド・ポップの狭間でデビュー・アルバム「Los Senderos Amarillos」('08)が一躍脚光を浴びた女性S.S.W.。ガット・ギターの類稀なる奏法、音色のセンスは4作目となる今回も健在なのですが、3年前から拠点を移したというメキシコ・シティ。彼地にはフリエタ・ベネガスやナタリア・ラフォルカデといった華やかな唄声を振りまく優れた女性S.S.W.たちがいますが、今回のロリ・モリーナのアルバムからはその系譜との整合性が頷けます。甘くまどろむようなフェミニンの魅力と巧みなギターの爪弾きの絶妙なバランス、それのみならず、アルゼンチンの木管奏者ラミロ・フローレスが編曲した弦楽四重奏が背景を幽幻なアンサンブルで彩ってもいます。リサンドロ・アリスティムーニョ、ルシオ・マンテル、フリアン・モウリン、ブルーノ・モギレフスキーのラ・マデローサ...多くのポピュラー作品でチェロを務めるルーカス・アルゴメドもこの四重奏の一画。分数コードで透明感のあるハーモニーを形成するタイトル曲m-3"Lo azul sobre mi"、フアン・キンテーロ(アカ・セカ・トリオ)がゲスト参加したm-5"Frontera"、性急に滴る水のようなアルペジオに心を動かされるm-7"Tigre"など、30代になってから書いたという自作曲がほぼアルバムを占める中、唯一採り上げたエドガルド・カルドーソ(プエンテ・セレステ)作のm-6"Martin"はメランコリアに満ちています。

         



        PR

        大洋レコードは東京・神楽坂のセレクトCDショップです。

        ブラジル・アルゼンチンの現在のインディペンデントなシーンからの輸入盤CDを中心にお取り扱い。

        東京都新宿区矢来町139 東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口すぐ。


        WEB通販はオフィシャル・サイト taiyorecord.com にて


        [以下の音楽雑誌に店主が寄稿しました]


        ラティーナ2月号 (2020/1/20発売)

         

        「20年代はこの国の音楽に注目したい」


        【イベント】

        *以下の目出度いパーティーにミニ・ライヴで参加します。

        1/25(土) 19:00=終電過ぎ 渋谷道玄坂 bar blen blen blen 〜感謝! Blen14周年パーティー〜

        DJ: 中原仁、Koji do Japão、カオル1000%、丹沢の野犬、Tmykhr、トザワシュンジ、 ミニLive: 伊藤亮介(大洋レコード)


        [国内盤リリースのご案内]


        ENSAMBLE CHANCHO A CUERDA / POSDATA (TAIYO0035 2018.12.22 release 限定盤) 好評発売中!


        FERNANDA TAKAI / O TOM DA TAKAI (TAIYO0034 2018.6.5 release) 好評発売中!


        TULIPA RUIZ / TU (TAIYO0033 2018.3.15 release) 好評発売中!


        PATRICIO PIETREK GRUPO / PAJÁRO AZUL(TAIYO0032 2017.12.04 release)

        好評販売中!


        ryosuke itoh e shiho - minha estrada (TAIYO0031 2017.6.24 release)

        販売中!


        [記事掲載のご案内]


        体験型アミューズメント・キッザニアの広報記事「キッザニアの窓」に大洋レコード伊藤のインタビュー記事とおすすめタイトルをご掲載いただきました。

        「親子で楽しむ、はじめての音楽」Vol.3 南米音楽



        女の子のスポーツライフをもっとファッショナブルに。「HBハミングバーズ」2018 Summer vol.14 に"Playlist for Summer"としてオススメ5作品の小さなレヴューを書いています。


        5/9発売 「POPEYE 6月号 "僕たちの好きな音楽。"」にて大洋レコードが掲載されます。川沿い音楽の取材も受けました。


        2018年1月末、神楽坂のアップデイトされた情報が満載の「帰ってきた!神楽坂本」(エイ出版)が発売されました。今回は"Culture 文化"のページに大洋レコードをご掲載いただいてます。ぜひ街ぶらショッピングのお供に。


        ひとまちっくす神楽坂「南米音楽と横浜ベイスターズと私。大洋レコードの伊藤亮介さん。」


        NUMBER WEB "野次馬ライトスタンド" 「ベイ戦士よ、ブラジル音楽を聴け!東京の路地裏から愛を込めて。」


        「ザ・パークハウス 市谷加賀町レジデンス」エリアガイド(2020年2月配布開始)


        * 店舗営業日カレンダー

        い字の日がお休みです。毎水曜・第一第三日曜定休。

        03-3235-8825

        スマホ版

        selected entries

        archives

        recent comment

        • Xマス・シーズンにぴったりのブラジル音楽・オムニバス形式の一枚
          sknys
        • Xマス・シーズンにぴったりのブラジル音楽・オムニバス形式の一枚
          伊藤亮介
        • Xマス・シーズンにぴったりのブラジル音楽・オムニバス形式の一枚
          sknys
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          伊藤亮介
        • 再入荷状況 + 街のひとweb記事 + ラジオ出演のお知らせ
          立野 BUN 博一
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          伊藤亮介
        • 夏季休業のお知らせ+崇高なギター四重奏・クアテルナーリアの新譜
          Kazuo Ota
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          伊藤亮介
        • ダークなトーンから一筋の光をあてるような夢想の精神、ルシオ・マンテル
          sknys

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:1783 最後に更新した日:2020/05/29

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM